思わぬハプニングに巻き込まれて混乱した時の3ステップ

ハッと気づいたら、何かに巻き込まれていて「なんでこんなことになっているのだろう?」と混乱する時もあるかもしれません。そんな時、私たちはどうすればいいのでしょう?

○ 混乱している時に起きていること


出典:無料素材画像 写真AC

あなたは気づいたら、何か(大抵は面倒なことに)に巻き込まれていて「なんでこんなことになっているのだろう?」と思ったことはありませんか?
思い返してみれば、何か思い当たることもあるかもしれませんね。その時のことを思い出してみてください。
そんな時、私たちは混乱したり、不快な気持ちになっています。
もしかしたら、誰かを責めたり、自分を責めたりしているかもしれません。
こういう時、何が起きているのかというと、「自分のニーズ(大切なこと、必要不可欠な生命エネルギー)が何か」を見失っています。そして、したくもないことをしている可能性があります。
この「ニーズ」が満たされていない、ということを私たちに気づかせるために、その出来事が起きていると考えることもできるかもしれません。

○ニーズが満たせていない時にすると現状が変わる3ステップ

では、「ニーズ」を満たせていなくて、混乱したり、不快な気持ちになっている時に、どうすればいいのでしょうか。

1.その混乱や、不快な気持ちに「気づき」ます。
2.相手を責めていること、自分を責めていること、そして、ニーズを満たせていないことを「受け入れ」ます。
ニーズは何かを自分に聞いてあげてください。
3.どんな状況であれ、その結果に対して「責任を取り」ます。
「責任をとるとは、私たちが自分自身の人生を絶えず創っており、私たちの決心、行動、反応が引き起こすあらゆる結果を私たちは引き受けなければならない、ということです」By リズ・ブルボー

ニーズ=生命エネルギーだとすると、それを満たせるのは、自分自身だけです。
満たされていないですよ、というお知らせが混乱や、不快な気持ちにだとすれば、その奥にあるニーズを明らかにして、それを満たすための行動をとればいいのです。

その時に、今起きていることの責任を取る(現状を引き受ける)と、得られる結果も変わってきます。

○ 混乱した私自身の体験

10月に、リズ・ブルボー<からだの声を聞きなさい>スクールで共に学んだ仲間と、カナダのモントリオールの郊外にあるリズのスクールに行く旅をしてきました。
今年の1月に誘われた時に、「わぉ!そんな旅に行けるなんて!」と心が喜んだので、行くことを決めました。計画してくれたSさんに言われるままに飛行機のチケットを取り、泊まる場所も旅の計画もSさんにほぼお任せの状態で当日を迎えました。

成田からSさん、Aさんと共に飛び立ち、バンクーバーでトランジットしてビクトリアに行く予定でした。すると、ビクトリア行きの飛行機に間に合わないからという理由で、2時間後の飛行機にチケットを変更してもらうことに。
その時に、旅慣れたSさんが「ちょっと外の空気吸いに出ない?」と言いました。私たちはその時にそれがどういうことかもわからずに合意し、外に出ました。この、外に出るというのは、再び入国審査を受けなければならないということでした。この時点で嫌な感じがしたのですが、戻ってきた時には、再び入国審査を受けるための列は混み合っていました。

飛行機の出発時間は迫ってくる。でも、順番はまだ。Sさんは交渉してくれましたが、優遇されることはなく、入国審査を通過した時には、集合時間に限りなく近い時間でした。そこから走ってゲートに急いだのですが。
「Too late!(遅すぎる!)」と言われて、私たちが乗るはずだった飛行機に乗れないことが決定。
この時、私は飛行機に乗り遅れたことで混乱していました。
まさに、「なんでこんなことになっているのだろう!」状態です。

○自分で「責任を取る」を実行した結果


出典:無料素材画像 写真AC

さらに、航空会社の窓口の方に「一度変更しているのだし、遅れたのはあなた達のせいだから、変更のための追加料金を頂きます」と言われてしまったのです。
この時、私の中では、「走る羽目になって、さらには乗り遅れ、そして追加料金までかかるなんて、これは全部Sさんのせいだ!」という責めの気持ちが強くありました。
それに気づいて、あることを受け入れて、自分のニーズを聞いてあげると「ゆっくりする」ことだとわかりました。
そして、「この状況になっているのは、よくわからずに外に出ることに合意した自分の責任だ。追加料金は、ゆっくりするという自分のニーズを満たそうとしなかった勉強代だ。」と思うことができて、心が落ち着いていくのを感じました。

すると、交渉してくれていたSさんから「追加料金取られないって!」との報告が。そして、次の飛行機まで、ゆっくりとした時間を過ごすことができました。
あなたが「なんでこんなことになっているのだろう?」と混乱の中にいる時に、ぜひ試してみてください。
私たちが望むことを創造していきましょう。

パーソナルコーチ:深井沙織