人から物をもらうことはスピリチュアル的にどう意味がある?その理由も解説します!

人から物をもらうことはスピリチュアル的にどう意味がある?その理由も解説します!

家族やパートナー、友人知人から物をもらう事、ありますよね。誕生日や記念日にもらうプレゼントはとてもうれしい物です。職場などでも、誰かが旅行に行ったお土産を配られることもあるかもしれません。人からもらった物には、相手の気持ちや思いが乗っているものです。

この記事を読めば以下の事が分かります。
・人から物をもらうスピリチュアルな意味
・人から物をもらう行為のスピリチュアルな意味
・気を付けなければいけない貰い物


出典:無料素材画像 写真AC
 

 

人から物をもらうスピリチュアルな意味

人から物をもらう時、相手の人の善意が読み取れると本当にうれしくなります。逆に、もらったらいけないような、困惑するシチュエーションの場合もあります。ここでは、人から物をもらうスピリチュアルな意味について解説します。

 

バランスが取れている

この世界は陰陽のバランスで成り立っていると聞いたことがあるかと思います。物をもらうことが陽だとしたら、物をあげることは陰になり、この二つは実はバランスよく成り立っています。もらう物やあげる物の「物」は、物理的な物の場合もありますし、してあげる事やしてもらう事としての物という場合もあります。たくさんもらう人は、たくさんあげている人なのです。

 

循環している

人の世は循環で成り立っているとも言います。巡り巡って返ってくるというシステムです。日本のことわざに「情けは人の為ならず」というものがあります。人に対して情けをかけておけば、巡り巡って自分に良い報いが返ってくるという意味の言葉です。

人から物をもらう時のその量は、自分が以前にすでにあげた量が等価交換として返ってくると考えられています。そして、必ずしも、もらったその人に返したり戻したりするのではなく、循環して次の人に移っていくものです。そしていつかは、あげた物が自分の元に「もらう」という形で返ってきます。

 

人から物をもらうポジティブな意味

人から物をもらう時に、くれ
る側の人の「この人に喜んでもらいたい!」との意識が働いている時、それはポジティブな意味でのもらう行為になります。このようにポジティブな意味で物をもらう人は、大抵の場合、普段からよく人に喜ばれるプレゼントをしていたり、ちょっとしたことでも人をいつも助けていたり、万物に感謝をしている人であったりします。常にたくさん、与えている人です。これは相互に循環していきます。

 

人から物をもらうネガティブな意味

人から物をもらう時に、くれる側の人の「この人を利用して自分が良い思いをしよう」との意識が働いている場合、それはネガティブな意味でのもらう行為になります。ネガティブな意味で物をもらう人は、他者から物をもらう、という行為を通して利用されるという状態です。

そこには表面上、一時的に得をしたかも、という感情はあるでしょう。しかしながら、結局のところ、ここにはくれる側の「自分が得をしたい」といった意識が働き、送られた側は、精神的に削られることになりかねません。これは相互に循環するわけでもなく、最終的には一方通行になって、破綻してしまいがちです。

 

物をもらいやすい人の特徴

もらってうれしいポジティブな物をもらいやすい人の特徴は、普段から物だけでなく、目には見えなくても気もちや行動で相手に与えている人であったり、何事にも感謝して喜ばれる人であったりします。

もらっても困るものや明らかに見返りを求めての物をもらいやすい人は、自信や自尊心が薄く自己評価が低い人や、自我だけがやたら強く自分だけが良ければよいと考える人が多いです。

また、別の見方をすれば、他者とのコネクションが強かったり、人から尊重される人間性を持っている人や、その才能が認められる人は、人から物をもらう事が多いようです。これとは別に、物を大切にする人も、人から物をもらうことが多いようです。


出典:無料素材画像 写真AC
 

人から物をもらう行為のスピリチュアルな意味

ここでは人から物をもらうという行為の、そのスピリチュアルな意味とその理由について解説します。

 

エネルギーをもらう

スピリチュアルにおいて、好きな人から物をもらったり、必要な物をいただく行為は、ポジティブなエネルギーをもらう事になります。相手は好きなあなたの事を思って喜んでほしいとの思いでプレゼントしてくれるのです。これには贈ってくれた人の愛が詰まっています。プレゼントという物と、それに乗った愛のエネルギーの両方を受け取る事になります。

逆に、相手の都合だけで何かを押し付けられたり、エビで鯛を釣ろうとするような考えでエビをくれる行為は、ネガティブなエネルギーも一緒にもらう事になります。これは自分にとって必要のない物だと感じたり、明らかに買収行為だと感じたら、もらわない選択も視野に入れておきましょう。ネガティブなエネルギーは、受けとらないに越したことはありません。

また、運気の良い人から物をもらう事は、良い運気をおすそ分けしてもらえることになります。逆に、運気の悪い人からもらう事は、低迷する運気をもらってしまうことに繋がります。気を付けましょう。

 

変化のきっかけになる

人から物をもらう行為は、エネルギーを受け取る事とだと書きました。くれた人の気持ちや波動などがエネルギーとして伝わってくるため、自分の波動は影響を受けることになります。これにより、いつもの自分に起こりがちな事とは違った事が起こりやすくなります。くれた人の気持ち次第で、ポジティブな変化であるかネガティブな変化であるかが左右されます。

もらう物に良い気を感じたらありがたくいただいて、良い循環を起こしましょう。逆にこれはちょっと……と感じたのであれば、丁寧にお断りした方がいいでしょう。


出典:無料素材画像 写真AC
 

気を付けなければいけないもらい物

物に感情やエネルギーが乗ってくることがすでにお分かりいただけたと思います。では次に、気を付けなければいけないもらい物についてご説明します。

 

元カレ・元カノからもらったもの

今は恋愛関係は無くなったとはいえ、大好きだった恋人との大切な思い出の品。捨てることが出来ずに残している、実用性があるものはそのまま使っている、という人は結構多いのではないでしょうか?

物にはそれをくれた人の思いが乗っています。ただの物ではないのです。元恋人からもらった物をまだ持っていて、普通に使っている事を今の恋人に気づかれてしまったら、どうでしょう?あなたの現在の恋人が、元付き合っていた人からもらったものを使っていたとしたら、どうでしょう?物にいい悪いはないのですが、その頃の思いは乗っています。さすがに未練があるのでは?と、いらぬ疑いをかけてしまったり、かけられてしまったりしても仕方ないのかなと思います。

特に男性の方、元カノからもらった物を実用品として普段に使っている場合でも、勘の鋭い女子は大抵気付きます。本当に元カノに未練はないとしてもです。モテる人の部屋には、過去の恋人の形跡は必要なさそうですね。

 

念のこもるもの

もらう物には、それを送ってくれた人や元々それを所有していた人の念が一緒に乗ってきます。喜んでほしいから、というポジティブな理由でもらったものは良いだろうとはいえ、念のこもりやすい物も存在します。

人形やぬいぐるみには注意が必要です。頭、手、足などの五体がある人形やぬいぐるみは、送り主からの念だけではなく、浮遊霊などの霊体も宿りやすいのです。

また、宝石などのアクセサリー類も注意が必要です。これが中古品の場合は、むやみやたらにもらってはいけません。呪いがかかっている物も少なからずあるからです。

 

こんな人からの物をもらう時には要注意

普段あまり接点のない人や、プレゼントをもらう理由のない人から物をもらう時、または自分に一方的に好意を持っている人から物をもらう時には、要注意になります。あまり接点のない人をむやみに疑うのも申し訳ないのですが、その物にいわゆる呪詛が乗っている可能性があるからです。

また、自分に対して一方的に好意を持つ人からのプレゼントには「自分を好きになって欲しい!」という、強い念が込められていると思ってよいでしょう。これは明らかに、くれる側の生霊が乗って来るので、気を付けましょう。特にこの先、お付き合いする気がないのであれば、感謝してお断りしましょう。


出典:無料素材画像 写真AC
 

まとめ

以前、天使の置物を海外からのお土産としてもらったことがありました。とてもうれしかったので、その話をとある霊能者の人にしたところ、「それは止めた方がいい」「すぐに処分するべき」と忠告されたことがありました。五体のある人型には霊が入りやすいから、という事でした。

とはいえ、ポジティブな意味で人から物をもらう行為は、素敵なご縁の繋がりであり、それをもっと強くするものでもあるのです。好きな人やお世話になっている人からもらう物は、単純に「いつもありがとう!」という気持ちでもらいたいものです。

 

 

占い師:うめざわみき