デジャブとはどんなスピリチュアル的な意味がある?その意味とメッセージをお届けします

デジャブとはどんなスピリチュアル的な意味がある?その意味とメッセージをお届けします

誰しもふと、『すでにこの場面、見た事あるな…』や『夢で見たものとそっくりだな』と経験しているのではないでしょうか。そう、それがデジャブというものなのです。日本語では既に視た感じから“既視感(きしかん)”と言い、実際には初めて経験するのにも関わらず、すでに体験したように感じる事です。実際には既視感とデジャブは細かい違いはあるものの、そのようなデジャブ現象はよく小説や漫画、映画やドラマでも使われていますね。何か幻想的なストーリーで受け取る側の思考を自由に搔き立てられます。

デジャブは人によっては多く経験する人、少ない人はそれぞれです。ごく短編的な場面なのに、なぜそのような経験をしてしまうのか、どんなスピリチュアル的な意味が特別あるのか、わかりやすくご紹介していきましょう。
・デジャブが持つスピリチュアル的な意味
・デジャブのシーンによるスピリチュアル的な意味
・デジャブが多い人の特徴


出典: Pixabay

デジャブが持つスピリチュアル的な意味

まず、デジャブがどのようなスピリチュアル的な意味を持つのか、具体的に解説いたしましょう。

 

過去世からの経験によってデジャブが起きる

過去世や前世からの記憶がそう起こさせると言えば、一番しっくりくるかもしれません。どこか納得いく紐づけとなるでしょう。もちろん自分には、過去世の自分の記憶など一切ないので、答え合わせができないのですが、デジャブを通して断片的に表れてきたものです。すでに過去に経験しているので、これから起こる事が間違いを警告しているとも言えます。その時の記憶を魂が思い出しているのです。

 

予知を示してデジャブが起きる

今まさに起きているのに、一度経験していると感じるシチュエーションになった場合、記憶としてしっかりと刻み込むためにデジャブが起きていると言えます。夢で予知を知らせる事もありますが、デジャブと夢では少し意味が違うのです。夢はあくまでも夢であるのに対し、デジャブは今から経験しようとしている現実の世界での出来事です。同じ場面を繰り返すとはこれから起きる事への何かメッセージがあると言えるのでしょう。

 

ハイヤーセルフと繋がっているのでデジャブが起きる

デジャブを経験している時、それがとても心地良ければハイヤーセルフ(高次元の自分自身)と繋がっている可能性があるでしょう。そのデジャブは『自分とってとても大切ですよ』と教えてくれているのです。ハイヤーセルフは潜在意識と関係していますから、気持ち良いデジャブなら、自分自身のエネルギーが良い状態にあると言えます。ハイヤーセルフと繋がりたくても、そう簡単ではありませんから、そのような場合はチャンスだと捉えましょう。そのシチュエーションには何か込められたハイヤーセルフからの大切なメッセージが隠れていますから、これからもしデジャブが起きたらどんな気持ちになるのか、チェックしてみても良いでしょう。


出典: Pixabay

デジャブのシーンによるスピリチュアル的な意味

デジャブが起きるといっても、それぞれ場面が色々とありますよね。風景であったり、人であったりと様々ですが、意味があるのでしょうか。ここでは簡単に大きく分け、解説いたしましょう。

 

景色や場所によるデジャブのスピリチュアル的意味

本当にふと何気ない風景やシーンに、よく『あれ?この景色初めてじゃないような』とすでに経験している感情が湧き出てきます。初めて訪れる場所なのに、どうしてだろうと一瞬考えませんか。それは魂が以前その場所を訪れていると言われて、懐かしさも感じる事もあるようですよ。
魂がその場所を忘れないでとメッセージを送っているのかもしれません。何の気なしに見える場所や風景でも、何かあるのか少し気に留めてみても良いでしょう。

 

人と関わりあっているデジャブのスピリチュアル的意味

既に知り合いでも、知らない人でもその人とのシチュエーションは絶対初めてなのに、これから起こる事がわかってしまったり、すぐ先の結末を知っていたりするデジャブもあるでしょう。その人と特別な関係がなくとも、これらか先何か影響を与える、または与えようとしているのです。残念ながらそれが良いか悪いかは、どちらとも言えません。なぜその人が関係するデジャブが起こってしまったのか、意識して少し観察してみてください。

 

物に対して起こるデジャブのスピリチュアル的意味

特に物や商品にフォーカスされているデジャブが起きたのは、自分自身の中にあるその物欲の
潜在意識が浮き出してきています。その商品に対するエネルギーが働いて、デジャブとなって現れたのでしょう。よくある商品であっても珍しい商品でも、顕在意識では出てこないものなので、目の前に現れると単なる感情ではなく、デジャブによってその物を手に入れた感覚を味わうのです。じっくりその商品に対して考えてみれば、自分にとってどんなパワーがあるのか

分かるかもしれませんね。


出典: Pixabay

デジャブが多い人の特徴

デジャブは誰にでも起こる現象ですが、よく経験する人の特徴をここでご紹介しましょう。

 

ストレスがある人

ストレスがない人の方が少ない現代社会ですから、多くの人がデジャブを経験しているのも納得できます。ストレスがあると、疲弊している脳が錯覚を起こしやすく、簡単な事まで思い出せない症状になります。デジャブの感覚に陥る事も多いようです。

 

感受性が強い人

人からの影響を受けやすいので、デジャブが起こる要素が強まるのです。他人の気持ちがよくわかるために、とてもナイーブで少しの事にも感情を揺さぶられてしまうのです。他人の環境を自分に置き換えて考えてしまう傾向からデジャブ現象を引き起こしていると考えられます。

 

よく旅をする人

旅をする事で行動範囲が広がり、記憶や経験が多くなります。脳が活性化されて、知らない環境や場所に身を置いても、既に経験済みに感じ懐かしさが順応していくとされています。そのため、旅行をよくする人は人よりデジャブ経験が多くなるとも言われています。

 

年齢が若い人

若い人の脳はこれから色々な経験を積んでいきます。どんどん新しい記憶が吸収されやすいので、現実と過去が混同しやすいのです。また次々と興味が湧いてくるのも、そのような状態になりやすいと考えられます。年齢を重ねるごとにデジャブ経験が減っていくとされています。

 

 

まとめ

デジャブを経験すれば、どんな場面でもそれぞれに隠れたメッセージがあると捉えましょう。何気ない日々の中で、あえてデジャブ現象として伝えたい事があるのだから、見過ごさずに一旦深呼吸などをして、その場面や人、物に少し注目してみてください。良い意味か悪い意味かは、それぞれその時の素直に感じる事で答えがでるでしょう。もし何も感じなければ、悪い事は起きないと前向きに捉え、その不思議な経験を胸の内におさめてください。デジャブを経験して、自分はストレスがあるのか、誰かからの影響を強く受けているのかと、マイナスな考えをするより何か自分にとってのお知らせがあるのだと、小さな事にも好奇心を少し持つようにすればどんどんよい傾向になり、そのデジャブ経験も楽しめるはずです。不思議な経験をする事で、ポジティブに捉えるようにすれば、よいエネルギーが生まれます。デジャブが起きる事は、おかしな事ではありませんから、その貴重な経験を楽しみましょう。

 

ウラスピナビ編集部