西洋占星術・太陽星座別 2021年1月~12月 月別の運勢

西洋占星術でみる、太陽星座別 毎月の運勢

皆さんが普段使っている12星座というのは「太陽星座」の事を指しています。

西洋占星術師ホシハルカが西洋占星術・星占いについて探りながら、月別の太陽星座占いをお届けします。

 

目次

 

出典: Pixabay

 

占星術と西洋占星術の違い

 

そもそも占いってなに?

あなたが占いが気になるときは、どのような時ですか?

未来や過去の「不安」や「心配事」、
好きな人とお付き合いしたい、出会いが欲しい、
職場や友人間の人間関係トラブルがつらい、
良い職に就きたい、幸運体質になりたい・・・などなど言い出したらキリがないですね。

気になる未来があるとき、過去のトラウマが気になるとき
解消したいことがあるとき
自分ではない「なにか」の助言が欲しくなるのでしょう。

占いは予測不可能なことを判断してくれるもの。

 

占いに頼りきりになるのではなく
ガイドとして、そばにあるものなのです。

 

占いは4つの分類に分かれている!

占いははるかはるか昔から行われておりました。
人間社会においては、なくてはならない存在なのかもしれません。

占いというジャンルを一括りにはできないことはみなさんもよくご存じでしょう。
様々な占い方法があり、近年では占いの種類は100を越えているそう。

占いは大きく、4つに分類できます。

命(めい)術
卜(ぼく)術
相(そう)術
霊(れい)術

 

◆命に属する占い
誕生した生年月日・時間・場所など、生まれた時に定められた不変的な情報を使い、
運命・宿命を占うもの

占星術・数秘術・四柱推命など

その人が生まれ持った基本的な性質や才能、時期や相性を占うことに適しています。

 

◆卜に属する占い
カードやダイスなど、偶然の要素を使って占うもの
「すべての事象は必然である」という考えのもと偶然に意味を見出し占います

おみくじ・タロット・コイン・トランプなど

人の気持ちの移り変わりや近い未来を占うことに適しています。

 

◆相に属する占い
ものの形から人への影響や吉凶を見て占うもの
模様替えやメイク、文字など目に見えるものを使うので取り入れやすく、
自分自身で良い運気へと導いていけるものが多いです。

手相・顔相・姓名判断・風水など

開運法に近いかもしれませんね。

 

◆霊に属する占い
守護霊や前世などの霊にまつわるもので占うもの
上記3つとは少し異なる分野ですね。

チャネリング・霊視・オーラ鑑定など

いわゆる、スピ系、なんていわれることもあります。

 

いずれにしても、占いは占い師が「読み解く」ものという点については同じです。

占いはその解釈を自分のものにし、生きていく力に変えて、
自らで切り拓いていくためのツールなのですね。

 

占星術は星を「見る」ことではない!

さて本題に入り、占星術についてお話しします。

占星学(astrology)を基本にして、星・天体の動きから地球上に生きる人間やあらゆるものを解き明かそうとする術のこと。占星術の歴史は非常に古く、発端は紀元前2000年頃までさかのぼるそうです。

世界各国で占星術が研究されています。現在の12星座・12ハウス・10天体を用いる占星術においては、主に西洋で発達したものを指すことが多いため、西洋占星術と呼ばれています。

俗にいう、星占いのことです。

実際は占星術≒西洋占星術というところでしょうか。

 

空にある星座たちを実際に見て占っているのでは・・・と想像できたりもしますね。

確かに星の配置を見て占っていますが、肉眼で見ているわけではありません。
ホロスコープと呼ばれる、それぞれの生まれた時の「惑星の配置」を見ながら、運命を占います。

 

占星術は「見る」というよりも「読む」という感覚に近いようですね。

「星読み」といわれているのも、うなづけます。

 

 

 

ホロスコープってなに?

生まれた時から持っているあなただけの取扱説明書

ホロスコープとは天球図のこと。
ある時間に、ある場所から見たときに天のどの方向に惑星があったかを描いたものです。

西洋占星術は個々人の惑星の位置を見て性質・運勢などを読み解いていく占術のこと。
その時に必要なのがこの「ホロスコープ」です。


出典: Pixabay

 

星は常に動き続けているため、たとえ同じ誕生日だとしても生まれた場所や時間が異なるホロスコープが出来上がります。
北海道の空と九州の空では見える星が違いますよね?

ですから、ホロスコープは、あなたの取扱説明書と言っても過言ではありません。

俗にいう「星占い」は先でも説明した通り、太陽星座を取り出した「太陽星座占い」です。
他の位置は人それぞれ異なりますから、正確な運勢を見ることはできないのです。

「私は蟹座」などと通常言われているのは、太陽がその星座(サイン)だということ。
他の9つの惑星がどこにあるかで意味が大きく変わってきます。

ホロスコープを使えば、本当の自分を見つけることができるかもしれません。

 

ホロスコープには「惑星」「星座(サイン)」「ハウス」「アスペクト」という4つの要素が含まれていて、それぞれ重要な意味を持っています。
それでは、その4つの要素を少し紐解いていきましょう。

 

惑星

占星術においては太陽系の天体がどの位置にあるかが大切です。

太陽系の惑星を覚えていますか?
「水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星」と学校の授業で習いましたよね。

占星術では私たちが今暮らしている場所である地球は除き、太陽、月を加えた10の天体が重要となっています。

 

星座(サイン)

太陽星座占いでもおなじみ、星座別占いでよく使われるおひつじ座~うお座のことを占星術では「サイン」と呼びます。
「おひつじ、おうし、ふたご、かに、しし、おとめ、てんびん、さそり、いて、やぎ、みずがめ、うお」の12個です。
ちなみにサインを「◎◎座」と言いますが、360度の天球を均等に12分割したものなので、実際の夜空の星座とは異なるものです。

 

ハウス

ハウスはその人が地上に立っている現場そのものを表します。

天体が私たちの意識(自分が「こうしたい」「こうしていると満足」という様な)であるならば、ハウスは今の現実(「こういう舞台に立っている」という様な)ものです。

12サインと同じ数で12ハウスという分け方でホロスコープは区切られています。

 

アスペクト

アスペクトはラテン語で「見る」という意味があります。

たとえば時計の針の先は先っぽ同士が近づいたり遠のいたりしますよね。
この針同士が見合っている、と考えてみるとわかりやすいかもしれません。

占星術では天体(針先)と天体(針先)の間で働く力をアスペクトといい、
その関係性を表す言葉が多く存在します。。

占星術は、アスペクトが一番面白いといわれるほど、
人それぞれの性質が色濃く出てくるもののようです。

 

 

太陽星座ってなに?

ホロスコープにおける惑星位置が太陽(太陽)にある星座(サイン)が太陽星座です。

太陽という天体はその人の基本的な「意志・性格」を意味する天体です。

あなたの生まれた時に太陽の位置にあった星座が太陽星座、つまりある程度その人の指向性というものが見えるということです。

目指していく方向ということですね。

しかしながら先も申し上げた通りホロスコープは人それぞれに異なりますので、太陽星座だけで占うということは少々強引ではあります。

西洋占星術においてはホロスコープを見ながら、複合的に占うのが理想です。

 

各月毎の運勢の動き

◇ 8月の運勢
金星は宵の明星として日没後の西の空に輝いています。11日には三日月がすぐ近くに輝くので、ぜひ日没後の1時間くらいの間に西空を眺めてください。
12日から13日未明にかけてはペルセウス座流星群が見られます。
20日から22日頃にかけては、夜空の土星・木星の近くを月が通りかかるのを眺められるでしょう。
木星は7月末から逆行で水瓶座に戻って来ています。それも含めて先月から水瓶座、牡牛座、獅子座で緊張感のある天体配置が出来やすいので、決まった事が覆されるなどの「作っては壊す」事象が起こりやすい時期。何事も決定の前に精査する事と、柔軟な姿勢もあえて心がけて吉。

 

出典: Pixabay

 

◇ 8月の運勢

眩しい日射しと降り注ぐ熱気を感じる今日この頃。何かに熱中する事がストレス発散になるなら良いのですが、熱くなりすぎるのも様々な問題を生むので注意が必要です。

【全体的な星の流れ】

1日 月が天王星と合、水星と太陽が合
2日 水星・太陽と土星が180度、
8日 獅子座の新月(月と太陽が合)
9日 月が水星と合
10日 月が火星と合
11日 月が金星と合
12日 水星が乙女座へ移動、夜から翌日未明までペルセウス座流星群が極大
14日 金星が木星と180度、旧暦の七夕
16日 上弦の半月、金星が天秤座へ移動
19日 水星が火星と合
20日 太陽と木星が180度、天王星逆行開始(来年1月18日まで)、月が冥王星と合
21日 月が土星と合
22日 水瓶座の満月(月と太陽が180度)、月が木星と合
23日 太陽が乙女座へ移動
24日 月が海王星と合
28日 月が天王星と合
30日 水星が天秤座へ移動、下弦の半月

 

2021年1〜7月の動きは↓から

出典: Pixabay

 

 

太陽星座別の運勢

8月の牡羊座

心が浮き立つようなワクワクを味わおうとする毎に、反対意見を唱えたりプレッシャーをかけてくる誰かがいるかもしれません。経済的な影響から予定を変更せざるを得ないような事も起こりえます。そんな時だからこそ、やるべき任務はきっちり果たすという縁の下の力持ち的な決意が必要。自分の仕事能力の底力を発揮して周囲からの文句が出ないようにしたうえでレジャーを満喫するのがおすすめです。ただ頑張りすぎるあまりの不摂生に気をつけてください。健康的なワークライフバランスを考えて吉。

 

8月の牡牛座

美味しいものを味わったり楽しいところに出かけたり、あれもやりたいこっちも行きたい!と欲求と衝動に従ってずんずん先に進んでいく時期です。本当はやらなくてはならない事が山積みなのですが、抜け出したい気分満載。そんな時はストレス解消してからの方が仕事にも取り組めるかもしれないし、もしかしたら他の人に任せられるかもしれない道筋を付けたら、気分を切り替え思い切りハメ外しするのも手です。下旬になると自然と取り組む気持ちになったり、人を助けたり助けられたりしつつ頑張れるでしょう。

 

8月の双子座

家に居ながらできる様々な事が好調です。インターネットは今や情報収集だけでなく学びも仕事もバーチャル旅行もなんでも叶えられるツールです。とことん活用してやりたい事やすべき事にトライしてみましょう。またそのために環境整備も必要、家の整理整頓だけでなく効率よく楽しく仕事部屋や書斎を整えるのがおすすめ。自分のホームページを作ったり充実させるのにも最適な時期です。下旬からはバーチャルよりリアルに体を使って出かけるのも良いでしょう。美術館や博物館がおすすめです。

 

8月の蟹座

新しい事を始めたくてソワソワしがちな時期ですが、経済的なやりくりも必要です。何をするにも先立つものを確保して計画を立てて進まないと、エネルギーが続かないですよね。収入の当てがあれば出費の予定もあり、何を優先させるか?が重要なのですが、今は好奇心があなたを導く鍵。新しきことを開始するのはおすすめです。ただ今までの経験や必要経費との収支計算をして、やるべき事とやめるべき事をよくよく見極めてください。下旬になるとお家時間が楽しくなるのでインテリアを工夫して吉。

 

8月の獅子座

今月はお誕生月ですね、おめでとうございます!自分自身の本当にしたい方面へ真っ直ぐに進める時期がやってきました。また、ここのところ人間関係の厳しさや難しさを感じていたかもしれませんが、有力な援助者が戻ってきてくれるようです。金銭運や物質運が高まっているので、経済的な不安を打開できたり新しい収入の道を得られるる可能性がありますが、それらを掴むコツは従来の考え方を手放す転換力にあるようです。今まで通りという価値観の外、新しい冒険へ出る決意を新たにする事で、思いがけないアイディアや想像以上の発展があるようです。

 

8月の乙女座

下旬からお誕生月ですね。今月は気分が段階的に変化しやすく、上旬は活力はあるのに静かにしていたいという矛盾を抱えたカラ元気のような状態。中旬以降、徐々に自分らしく本領発揮になっていくようです。口を開けば時に毒舌とも取れる本音がポンポン出てきますが、本質をついた視点からの発言が様々な人に面白がられたり重宝されるかもしれません。プチ収入の運気があり、趣味の手仕事やブログ・研究分野の論文を課金制にしたり、気になる品物のアフェリエイトやネットショップを開設するのも実用性のある趣味になりそうです。

 

8月の天秤座

内に秘めた想いが日毎に強く大きく膨らんでいき、中旬頃から花開いていくようです。それまでコツコツと積み重ねたり丹念に調べたりして溜まっていた内容が、周囲の人の目にとまるような動きを見せていくプロセス。そこに至るまでは多くのものを手放すなどの試行錯誤があったでしょうが、その努力の跡が見えないようなあざやかな展開です。この後もパワフルな運気が来月にかけて訪れそうなので、気持ちの上でも何らかの準備をしておくといいでしょう。ファッションや美容に意識を向けるのもおすすめです。

 

8月の蠍座

多忙な中にあり、達成感を感じたり何かしらの到達点に立つ時期です。しかしだからこそ更なる努力の必要性を感じたり、評価を受けられるはずなのに受けられないなどのプレッシャーを味わう可能性もあり、予定外の事に対処を迫られて落ち着いていられないようです。今必要なのは高い視点と自由な意識。自分のそもそも理想としていた事は何だったのか、もし縛りなく自由が得られるとしたら何をしたいか、そんな事を模索してみましょう。グローバルな視点とミクロの視点、両方を上手に乗りこなすのが吉です。

 

8月の射手座

心の翼を羽ばたかせ、できるだけ高く遠く飛びましょう。物理的に遠くへ移動できる場合はどんどん旅行がおすすめ。そうでない場合は海外に関連した情報収集や、国内にいて海外の雰囲気を楽しめるところに行ったり、語学や異国文化の学習が楽しめるようです。同時に自分の仕事やライフワークに関する発信や積極的な活動が実り多い時。中旬以降は遠方に住む知人や友人たちとネットやSNSを活用しての異業種交流が吉。新たな出会いによって夢やあこがれだった事が実現に向かっていく可能性大です。

 

8月の山羊座

自分の意思ではない事、意に沿わぬ事をやらなくてはいけない状況があるかもしれません。しかし時としてそういう役割をこなす必要もあり、それが自分の成長に繋がると信じていれば出来る事でもあります。そんな時でも心が沸き立つ事、将来の希望を見出し進んでいくのも可能なので、切っ掛けがあればどんどん羽ばたいてください。自分のステップアップにつなげるためなら出費もいとわず。逆に収入を増やせる運気でもあります。努力するあなたを認めてくれる人、役立ってくれる人材も集まってくるでしょう。

 

8月の水瓶座

ここのところ遊びも少なく頑張り続きでパッとしない気分だったかもしれませんが、自信や安心感が蘇ってきます。自分のやりたい事できる事は自分の気持ちと連動して可能性が広がります。元気とやる気次第でラッキーチャンスを生み出すことが出来ると信じましょう。人間関係も焦点になり、頼ったり頼られたり、責任を引き受ける事も後々よい結果を生み出すでしょう。自分のためというよりは誰かのためにあえて動くことで、ひとりでは達成できない境地へ到達できる、そんなタイミングです。

 

8月の魚座

ここしばらく自分が拡大するような出来事や気分が来ていましたが、今後少しの間、だいたい年内中ですが、無意識の海に潜って宝を探すような時期になります。来年以降のパワーの素探しになるでしょう。お仕事や役割が忙しく勤勉に従事しないといけないにも関わらず、華やかな出会いや楽しいお誘いもある時期です。人との出会いが加速してエキサイティングな体験に導かれる可能性もあるでしょう。自分の守備範囲を決めつけずに行動すれば、予想以上に枠が大きかったと実感できるかもしれません。

 

 

 

2021年 過去の運勢も見てみよう

牡羊座 おひつじ座

出典: Pixabay

 

牡牛座 おうし座

出典: Pixabay

 

双子座 ふたご座

出典: Pixabay

 

蟹座 かに座

出典: Pixabay

 

獅子座 しし座

出典: Pixabay

 

乙女座 おとめ座

出典: Pixabay

 

天秤座 てんびん座

出典: Pixabay

 

蠍座 さそり座

出典: Pixabay

 

射手座 いて座

出典: Pixabay

 

山羊座 やぎ座

出典: Pixabay

 

水瓶座 みずがめ座

出典: Pixabay

 

魚座 うお座

出典: Pixabay

 

 

 

いかがでしょうか。
占星術をガイドにしてこれからを快適に過ごしてみてくださいね!

 

西洋占星術師:ホシハルカ