まだ見ぬ新しい世界へと駆け出していく 【数秘術で4月の世の中を見る】

まだ見ぬ新しい世界へと駆け出していく 【数秘術で4月の世の中を見る】

 

さっそくですが、4月の世の中や漂う空気、人の心の動きについて、数秘術で見ていきますね。


出典: Pixabay

 

4月は数秘術でいうと、どんな月?

 
まず、数秘術では1~9の数字を1つのサイクル(周期)として見ていて、自分だけでなく、特定の人物や年月日の運勢・テーマ・与える影響や課題を知ることができます。

 

そして、4月の世の中全体を覗いてみると「9」の月。
1つの答えにたどり着き、今いる場所から新しい世界が見たくなるような。希望を胸に、あてもなく旅立っていく時となるでしょう。

 

 

長かった冬が終わりを告げ、新しい春の朝を迎える

 
この「9」という数字には、【完成・許しと癒し・柔軟性・新しいスタートへ向けての準備】などといった意味が込められています。
「1」から始まったサイクルが終わりを迎え、また次の新しいサイクルが始まるにあたり、いま手元にあるものが本当に必要なものなのか?そうでないものなのか?と。1つずつ見極めていく、まさに”総決算の1ヶ月”となります。

 

 

「なんとなく、そう感じたから」というのも立派な理由

 
「必要なものと、そうでないものを見極めていく」とはいえども、もしかしたら心当たりがなく、パッと思い浮かばない場合もあるかもしれません。

 

たとえば、自分の考え方や価値観、人間関係、好きなものと嫌いなもの、部屋の家具や小物雑貨など。物質的・精神的に幅広く言えますし、あなたにとって少しでも違和感があるものは手放していくものと捉えてもよいでしょう。大事にしたいものほどより一層大事にする、的な。
もちろん直感に従うのもよいですし、魅力的に感じないという理由で判断するのもアリです。

 

 

「9」の数字がもたらす影響による出会いと別れ、終わりとはじまり

 
そして、世の中的には長らく抱えていた課題や困難に思えた問題など、ひとまず終息(一区切り)するものが出てくるでしょう。
また、SNSなり情報媒体からは夫婦関係のあれこれ、対人・金銭トラブルといったニュースや話題を耳にする機会が増える暗示も。同時に、懐かしい人物や親しみのある人を久しぶりに見かけることも出てきそうです。

 

もちろん、自分にとって不要に感じる情報ならば受け取らない…というスタンスも大事なことです。受け取るか受け取らないかは、深く考えるより、心で感じたまま素直に決めてみてくださいね。


出典: Pixabay

 

何事もやりすぎはNG!バランスを意識してみて

 
また、普段以上に健康への関心が高くなり、中には運動を始める人も出てくる兆しでもあります。臨時収入に恵まれる月でもありますので、おもいきってジムに通ってみる。運動するにあたり、スニーカーや道具などを一式購入したくなる。健康によいとされるサプリメントに注目してみたくなる、なんてことも起きるかもしれませんね。

 

購入する際は【目的意識を具体的に考えておく】ことを是非意識してみましょう。
あとで「必要のないものまで買ってしまった…」という後悔は防げますし、長期にわたって愛用できる素晴らしいものと出会えますよ。

 

 

いかがでしたか?

4月もあなたにとって、幸せで充実した日々となりますように。

 

 

タロット占い師:やた なたろう