開運する近道はある?人生の「素晴らしい瞬間」に出会う生き方とは

開運する近道はある?

人生の「素晴らしい瞬間」に出会う生き方とは

 

同じ人生を生きるなら、開運という素晴らしい瞬間に早く出会いたいもの。そして同じ時間を過ごすなら、開運への近道を見つけ進んで行きたいですよね。開運する近道は、どのようにしたら見つかるのでしょうか。開運する近道が見つかる生き方とは、スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。


出典: Pixabay
 

一歩先の未来を

 

一年前のことを振り返ると、今の世の中は随分と様変わりしました。ソーシャルディスタンスやテレワーク、マスクに手の消毒。街中にも新しいルールが存在するようになりました。

 

新しいルールの影響で、今まで見えていなかった感情が浮き彫りになる場面もありました。例えば、自粛要請を受けた店の店主に閉店時間が早いと文句を言う、ソーシャルディスタンスの表示を守らず席に座る、店先に消毒スプレーと一緒に置いてあるペーパータオルを丸めずゴミ箱へ投げ入れる。

 

人の感情とは様々だと感じる反面、自分の行動や言葉の一歩先の未来を理解することができているかと考えさせられるのです。

 

 

開運するということ

 

生きる上で何が正解で何が間違っているかを考えてみるとき、良いと思えることより、後悔することや正解を探して迷ってしまうときのほうが多いかもしれません。上手く生きることができない自分の不器用さに、後悔や羞恥心に苛まれることもあるかもしれません。

 

人生とは、そのようなことの繰り返し。ですが、人は一生の中で「自分の人生は素晴らしい!」と思える瞬間が用意されています。その瞬間をどれだけ早く引き寄せられるか、それが開運するということだと思うのです。

 

目の前に起こる出来事から、人の細やかな感情の動きや一歩先の未来を理解する力を身につけていく。それは、開運という素晴らしい瞬間を逃さない生きかた。そして、その一生懸命生きる自分の姿を、どこかで見てくれている人は必ずいるものなのです。


出典: Pixabay
 

素晴らしい瞬間

 

人が同じ時を生きる中で、生き方が変われば人生も変わります。その人生に無駄なことは一つもなく、開運したいと思えばその兆しは日常にすぐ現れてきます。

 

例えば、お弁当を毎日作ることは、節約になるだけではなく健康という未来も作ることができる。仕事に真面目に取り組むことは、生き甲斐を持つことや生計を立てることだけではなく心の成長を得ることもできる。それは立派な開運の兆し。

 

開運の兆しとは、小さな幸運が連鎖し思いも寄らないところから大きな幸運を引き寄せる気配のこと。開運は、運を自分で開くこと。一歩先の未来を理解し一生懸命生きることなしで、その先の開運は見えてこないと思うのです。

 

ニューノーマルな時代を生きることになった私たち、今ある命に「素晴らしい瞬間」を焼き付けてほしいと思うのです。

 

 

スピリチュアルライフアドバイザー:KAORU