脱・仕事脳! 恋愛と仕事の人間関係の違いとは?

脱・仕事脳! 恋愛と仕事の人間関係の違いとは?

 

仕事はうまくいっているのに、彼氏ができない。
仕事では同僚や先輩を頼れるけど、恋愛で甘えるのは苦手・・・・・・。

 

そんなあなたは、「仕事脳」になっているかもしれません。
今回は、仕事と恋愛における人間関係の違いについて心理学で解説します。


出典: Pixabay

 

・ギブ&テイクはNG!? 仕事と恋愛の人間関係の違い

 

仕事での同僚や取引先、顧客との付き合い方と、恋愛での人間関係には大きな違いがあります。

 

欲しい商品と引き替えにお金を払うというように、仕事では「交換的」な関係を築くことで、商談などが円滑に進み、利益につながります。
ですから、仕事がデキる人は交換的な関係を重視する傾向にあるといえます。

 

 

それに対して、恋愛はお互いを助ける「共同的」な関係が必要です。
ギブ&テイクではなく、相手に尽くしても同じだけ何かを返してもらえるわけではないのが特徴です。

 

 

・仕事脳になっている!? 重視している人間関係をチェック!

 

あなたが人間関係において、共同的または交換的のどちらを重視しているのかチェックします。

 

以下の4つの質問に、「イエス」または「ノー」で答えてください。

 

 

  • 人から助けてもらったら、すぐに恩返しをする(したい)

 

  • 助けてあげたのにお返しがないと気分が悪く、「利用された」と感じる

 

  • 仕事に共同で取り組んだ場合、報酬は均等ではなく、貢献度によって決めてほしい

 

  • 人を助けたときに、感謝やお礼の言葉がないとムッとする

 

 

 

イエスが3つ以上ある場合・・・・・・交換的人間関係を重視している

 

ノーが3つ以上ある場合・・・・・・共同的人間関係を重視している


出典: Pixabay

 

・恋愛脳に切り替えて、共同的人間関係を築く方法

 

交換的人間関係を重視することは、けっして悪いことではありません。
ですが、交換的人間関係を恋愛に持ち込むと、うまくいかないこともあるのです。

 

相手に何かしてもらってもすぐに返そうとせず、援助や好意をありがたく受け取るのが共同的人間関係の特徴です。

 

たとえば、自分がつらいときに恋人が優しくしてくれたとします。その気持ちをありがたく受け取り、やがてあなたが元気になったときに恋人は喜ぶでしょう。
それを、「すぐに何かを返さなければ」と思うと、素直に甘えられなくなってしまいます。

 

恋人に尽くしたときは、「喜んでくれたからいいや」と満たされた気持ちになるのが共同的な関係で、「同じだけ返してほしい!」と不満を感じるのが交換的な関係です。

 

もちろん一方が尽くすばかりではバランスが悪くなってしまうので、感謝の気持ちを伝えたり、相手の気持ちを考えて行動したりすることは大事です。

 

お返しをするのではなく、お互いの足りない部分を補うようにすれば、より良い関係を築けるでしょう。

 

 

恋愛心理カウンセラー/マインドフルネスインストラクター:谷本由紀