中秋の名月を愛でつつ恒星に親しむ秋

中秋の名月を愛でつつ恒星に親しむ秋


出典:無料素材画像 写真AC

2020年の「中秋の名月」は10月1日です。

この日は旧暦でいうと8月15日。現在のカレンダーと旧暦では1〜2ヶ月ほどのずれが生じます。旧暦では7月・8月・9月を「秋」とするため、真ん中の8月を「中秋」と呼び、その月の満月を愛でる風習がありました。

折しもその時期は様々な作物が実る頃。収穫祭を祝って新米や豆、芋などでお団子を作りお供えしたのです。

夏には満月の高度は低くなり、冬の満月は高い位置で輝きます。中秋の名月はちょうどいい高さで輝くのも、まさに名月と呼ばれる所以でしょう。

更に古風な楽しみ方としては、池や湖などの水面にうつる月を愛でるのも風情があっていいですね。小さな盃に月を映して飲み干すというのも風流な楽しみ方です。

ちなみに正確な満月になるのは翌日、10月2日のちょうど日の出の時間帯です。

西洋占星術では牡羊座の満月。ワクワクするような新しいことに思いを馳せるのもいいですね。ただ他の星々との角度の関係で、この時期にスタートした事は波乱の展開になる可能性あり。実際に何かを始めるにはすこし時期を待ってからの方が良さそうです。

日が暮れて徐々にあたりが暗くなると、真南の空には明るい木星と少し暗い土星が隣あって輝いているのが見えます。

東の空、満月の少し後から登ってくる赤い星は火星。かなり大きく赤く輝いているのは10月6日の地球大接近を控えているためで、かなり見応えがある時期です。

 

西洋占星術と恒星

 

通常、西洋占星術では惑星・太陽・月をひとまとめに「惑星」として扱います。これらの惑星は時の経過とともに動いていくので、その動きを読んで様々な予測に活用していたのが古代の天文学(占星術)でした。

惑星が実際に動いているのかを知るためには、日々夜空を観察して、キラキラと輝く決まった位置の星「恒星」と惑星との位置関係を測る事が重要でした。

でも西洋占星術では恒星の事はあまり聞かないですね。現代では恒星から位置を測らなくても、正確な天文暦をもとにアプリでパッと表示されるホロスコープを使えばある程度の運勢は占えてしまうので、恒星の読み方を知らないという占星術師もいることでしょう。

しかし占星術の源流、メソポタミアやカルデア文明、そしてインド占星術や古代中国の占星術でも恒星はとても重要。最近は古典西洋占星術へのリバイバル人気の高まりもあり、恒星へ注目が高まっています。

その中のスピカ とレグルスに、今回は注目してみましょう。

 

恒星スピカ

 

空の星座ではおとめ座、占星術では太陽の通り道の黄道上、天秤座24度に位置する一等星です。女神デメテルの持つ麦の穂の位置にあります。

古典占星術では最も幸運な星といわれ、他に保護、繁栄、収穫と恵みの贈り物という意味もあります。

太陽は毎年10月17日前後にスピカ の側を通りかかります。今年(2020年)の10月17日は新月に当たるため、スピカ と共にある新月といえるでしょう。もっとも太陽の光でスピカ を目視する事はできません。

 

水星とスピカ、金星とスピカ

 

それに先立ちますが、今年の9月22日は水星とスピカ がかなり接近する日です。日没直後の西の空の低い所で見られるため、観測はちょっと難しいと思いますが、日没後の夕焼け空を眺めてスピカ に想いを馳せてみてください。スピカ の恵みが水星を通じて入ってきますから、勉強や研究、読書や思索、講演会に行ったり、真面目な議論を交わしたりするとスピカ の恩恵が得られやすいでしょう。スピカはエメラルドと相性がいいので、エメラルド色のブックカバーやペンを持つのがおすすめです。

また、今年の11月17日前後には日の出前の明けの明星として輝く金星とスピカ が接近するのを肉眼で観測できます。東の空の見晴らしが良いところを探し、ぜひ早起きして東の空を見てください。金星の象徴する「美」を通してスピカ の恵みがやって来ますから、秋色のファッションにきらめくアクセサリーを取り入れて、実り豊かな美しさを表現するのがおすすめです。差し色として鮮やかなグリーンのエメラルド色を取り入れたり、実際にエメラルドのアクセサリーを身につけるといいですね。


出典: Pixabay

 

恒星レグルス

 

空の星座ではしし座、占星術では太陽の通り道の黄道上、乙女座0度に位置しています。

毎年8月22日前後に太陽が重なります。

レグルスは獅子の心臓を表し、全天で4個の「ロイヤルスター」のうちの1つ。まさに王者の星で、名誉名声と物質的な成功をもたらすと言われます。この星の性質として、有名になり成功を手にした人は、他者を攻撃したりおとしめてはならない、という特徴があります。真の王者は堂々としていて、小物が攻撃してきても反撃はしないもの。そこで反撃してしまうと地位を追われてしまうのかもしれません。レグルスとご縁を繋ぎたいなら「やられても、やり返さない」姿勢を心がけましょう。

 

金星とレグルス

 

今年(2020年)の10月3日前後の早朝に、明けの明星である金星がレグルスとかなり接近します。これも観測可能ですので、ぜひ早起きして見てみましょう。連日観測する事ができれば金星の動きの速さも理解できると思います。

金星とレグルスのコラボレーションですから、黄金や明るい黄色を取り入れた堂々としたファッションに挑戦するといいですね。心臓のあたりに華やかなブローチを飾るのもおすすめです。

誰かにファッションや態度を揶揄されても、小物のやっかみだと思ってスルーしてくださいね。決してSNSなどで他人を貶めるようなことを書かないのが肝心です。他人の評価に依存しない天然の自己信頼が更なる幸運を引き寄せます。

ちょっと先の話ですが、来年(2021年)7月22日前後の夕方は宵の明星の金星のそばで、7月30日前後は火星のそばでレグルスが輝きます。日没直後の西の空なので観測は難しいかもしれませんが、金星と火星は恋愛に効果的。負けられない恋にレグルスの力を借りるのもいいですね。

また来年の9月5日前後には金星とスピカ 、9月22日には水星とスピカが接近します。

 

 

この秋、中秋の名月と星々を眺め、豊かな実りと王者の輝きを手に入れて、充実した日々を送ってくださいね。

 

 

西洋占星術師:ホシハルカ