357数秘カードをもとに創られた、歌占を彷彿させる【おみくじ絵本】が心にしみる‼

★新月・満月の前夜に配信! ウラスピナビ無料メルマガ登録はこちらから!
◎携帯電話のメールアドレスを登録されている方は届かない例が増えています。
またメールアドレスを変更された際は、再度メルマガ登録手続きを行ってください。

357数秘カードをもとに創られた、歌占を彷彿させる【おみくじ絵本】が心にしみる‼

日本酒と神様やオラクルカードをテーマに、コラムを書かせていただいているミラクルナビらぶちゃんです。

今回は、数々のオラクルカードを愛してやまない私の中で、特にスマッシュヒットしている【357数秘カード】と、このカードをもとに創られ、どなたにも楽しく引いていただけ心に染みる【おみくじ絵本】についてご紹介します。

カードの制作者で、オリジナルな数の世界観を構築し広めている数秘術師の珊瑚ななさんと、心を包み込む優しい絵柄でカードの絵を担当された有田ようこさんの世界をお楽しみください。

◇可愛いだけじゃない…、数と絵に誘われ使う人の数だけ世界が無限に広がる【357数秘カード】

 
photo by 珊瑚なな

こちらのカードは、357式数秘術師の珊瑚ななさんが制作されたカードです。

イラストは、制作者の珊瑚ななさんがご自身のカードを作る際は絶対この方に…という熱い想いで依頼された、有田ようこさんが担当されています。有田さんのイラストは、とても温かく、ほっこりする雰囲気です。

ななさんの数への深い愛と有田さんの優しい絵柄に包まれ、使いながら癒されるカードだなぁ…と私自身感じています。

大きさは、手の小さな私でも扱いやすい小さめのトランプサイズ。小さなカードの中に数秘術の情報やメッセージ、魅力が目いっぱい詰まっています。カードのタイトルに数秘と入っているので、数秘術を知らない方は敷居が高く感じる知るかもしれません。

でも、ご安心ください‼

数秘術を知っている方は、数への知識を活かしつつ、さらに想像を拡げて読み解くきっかけとなるでしょうし、また、まったく数秘術を知らない方でも、有田さんの温かい絵と美しい色の世界に誘われるように、ご自身の感性で自由に読み解くことが可能です。

作者の珊瑚ななさんも、数秘術を知らない方のほうが、むしろ数のイメージにとらわれず、絵から伝わる数秘術の世界を豊かに表現できる方が多い、とおっしゃっていました。

 

私とこのカードの出会いは、ヴィジョナリー・カンパニーの大塚社長さんと珊瑚ななさんが対談しながらカードを語るイベントでした。

当日の私はというと、イベント以前から知っていたななさんに会いに行こう!が最たる理由だったので、ななさんのサイン欲しい、カード買おう!というミーハー感出まくりで、若干カードは二の次、今思うとカードに申し訳ない感じだったのを覚えています。

その後、手元にきたカードを鑑定に使ったり、日々の指針を聞いたりするうち、357数秘カードに日に日に魅了されていきました。

鑑定に用いると、初対面のお客様に優しくしっかり寄り添いながら、心の内を的確に伝えてくれ、カードの持つポテンシャルの高さに踊り来ました。そして、可愛いけど骨太、インナーマッスルもしっかりしているブレない導きに目を見張りました。

そうこうして後日改めて、357数秘カードを即興で物語を紡ぐようにセッションする方法を学びに行きました。

この物語を紡ぐ形を発展させ、ななさんが新しいことを始めました。これが次でお話する【おみくじ絵本】です。

◇現代のおみくじのもとになった歌占のごとく、あなたに必要な物語がやってくる【おみくじ絵本】

 
photo by 珊瑚なな

使いながらつねづね、このカードは絵本の挿絵のようだなと感じていたのですが、そう、このカードが絵本になったのです。

この絵本をランダムにおみくじのように選んでもらい、今のあなたへのメッセージにしてもらうことを、珊瑚ななさんが始められました。

これが【おみくじ絵本】です。

 
photo by 珊瑚なな

絵本の作者は企画された珊瑚ななさんだけでなく、他に今岡朱美さん、春風陽子さん、よしのちほさんの3名が参加されています。

用意されている中から好きな数字を選んだり、公開されているタイトルから気になるものを選んだりと、「選ぶ楽しさ」が用意されていますが、選べないなぁ…というときは、完全にお任せで届けていただくのも可能だそうです。

選ぶと…PDFデータがメールに添付されて届く、または絵本のように印刷された冊子がご自宅に届く…そんな仕組みになっています。

私の場合は、タイトルで選んだものと完全にお任せしたもの、2つのストーリーを届けてもらいました。

どちらもその時の自分にとって、かなり意味深な箇所がありました。

ズバッと今悩んでいることの答えが出るわけではないかもしれません。

ゆくゆくこういうことだったのか?と、わかるときを待つ楽しみも【おみくじ絵本】には含まれているのかもしれません。

 

吉凶もなく、必要なメッセージを伝えると言う意味では、【おみくじ絵本】は、以前私がご紹介した、目を閉じて短冊を引く現代のおみくじのもとになった歌占に似ているかもしれません。(歌占については、神様とのご縁を授かるという「歌占」に導かれ、松緑酒造「六根」を紹介する(前編)https://uraspi.com/spiritual/33533 で詳しくお話しています。)

歌占は神様とのご縁をつないでくれましたが、【おみくじ絵本】はあなただけの物語という宝物とのご縁をいただけるものかもしれません。

ぜひ、多くの方に体験していただきたいと思います。

◇カードは、絵本は、どこで買えるの?

 
photo by 珊瑚なな

『357数秘カード』は、357さんのサイト及びヴィジョナリー・カンパニーさんのサイトで購入ができます。
珊瑚ななさん https://sungonana357.thebase.in/items/6348310

ヴィジョナリー・カンパニーさん https://card.visionary-c.com/

 

【おみくじ絵本】あなたが選んだ物語は、下記サイトから引くことができます。

https://sungonana357.thebase.in/items/30260940