日本古来の秘術「墨色占い」~自分で占う~

 

「墨色」とは、筆と墨とで和紙に書いた文字の形や勢い、そして墨のかすれ具合などから運勢を占う日本古来の占術です。この記事は、五十六謀星もっちぃが墨色占いを現代の道具で気楽に楽しんでいただけるように工夫し、誰でも自分で結果を判断できるようにまとめ直したものです。是非とも道具を手にして、よく当たる伝統的な占いの世界を楽しんでみてください。

日本古来の秘術「墨色占い」~自分で占う~


photo by 五十六謀星もっちぃ

 

  道具と書き方

正式な墨色占いは和紙に墨書することで占いましたが、その道具を準備することは現代的ではありません。さりとて洋紙にボールペンで書いたのでは墨色本来の占いの力がほとんど発揮されず、適切な鑑定を行うことが出来ません。そこで、いろいろな筆記具を試したところ、ファーストフードのペーパーナプキンにフェルトペンで書くと、十分な的中率を発揮できることがわかりました。

 

夢の行く末を占う

今回は心に願う夢を達成するために頑張るべきこと、気にするべきことを、ズバリ「夢」という字を書いて占いましょう。道具を用意したら、気持ちを集中させて大きく文字を書いてください。うまい下手よりも気持ちを込めてゆっくり書くことが大切です。
文字が書けたら、まずは全体のインクの色味、もとい墨色を見ていきましょう。


photo by 五十六謀星もっちぃ

 

墨色における「欠点」

描かれた文字のインクがかすれているところや、他と比べて細くなってしまっているところ、もしくは線が途切れてしまっているところがあるかもしれません。墨色占いでは、これを「欠点」と呼びます。
この欠点の発生している場所から、あなたが夢を叶えるためにさらに頑張るべき部分を見いだしていきましょう。


photo by 五十六謀星もっちぃ

 

真ん中の横たわった「目」の解釈

横たわった目に見える部分は、字形のイメージ通り目を表している部分です。抱いた夢に対する自分自身のビジョンをしっかりと定めることが大切です。目標に近づくためには、その目標について詳しく知ることが大切です。アイドルになりたければアイドルとは何かを知ることが必要であるように、目指すべきものを理解してさらにその力を強めましょう。
また、特に内側の2線いずれかに欠点が生じている場合は、自分自身をさらに磨くことが求められているといえましょう。
もしもこの部分が特に大きく書かれているなら、自信を持って堂々と突き進めば夢は叶います。

 

「くさかんむり」の解釈

一説によれば、夢とは眉飾りをした巫女の霊力によって見せられるものであると、古代中国の人は考えたそうです。この文字の最上部に相当するくさかんむりのような部分、実はその巫女の眉飾りを表しているという説があります。眉飾りは目の力を強めるためのものとされています。
そのことから、この部分に欠点が生じてしまうのは、夢の達成のために周囲にアピールする力が欠落している暗示です。
逆にくさかんむりが大きくはみ出している人は、夢を抱いていることを周りに喧伝することで、その夢の達成率を上げることが出来ます。

 

「ワ」の部分の解釈

目と夕の間にある「わかんむり」のような部分は、巫女が座っていた台を表しています。そのことから、ここに欠点が生じてしまった場合には、夢に向かって進むための土台が不足していることを表しています。
医者になりたければ医学部に入る必要があるように、夢を達成するために必ず必要になるはずの土台に欠けているところがあるかもしれません。1から状況を見直してみましょう。
反対にこの部分がやけに大きい場合は、足場を固めることに力を入れすぎて、肝心の踏み出す勇気が不足している恐れを表しています。

 

「夕」の解釈

今回のテーマは、人生でかなえたい目標としての「夢」ですが、夜寝るときに見るのも「夢」です。この「夕」は、文字通りに夢を見る時間である夜、もしくは月を表すパーツです。
この部分に欠点がある人は、夢を見るための時期がずれている可能性があります。目標を達成するためには適したタイミングがあるのです。往々にしてそれは、遅いのではなく早いのです。急いで事をし損じるよりは、じっくりと足場を固めて手堅く達成する必要があるといえるでしょう。
この部分が伸びやかにきれいに書けているなら「果報は寝て待て」です。すでに目標達成のための準備は出来ていますので今に夢は叶います。

 

 

占い師:五十六謀星もっちぃ