最も手軽な精進料理「精進ラーメン禅道 醤油」登場!

最も手軽な精進料理「精進ラーメン禅道 醤油」登場!


photo by たっくんKT

2020年3月、動物性食材を使わない”精進”カップラーメンが出ました。ここで言う”精進”は肉魚を慎むことの意味。精進料理の”精進”ですね。

「精進ラーメン禅道 醤油」は、動物性食材だけでなく、お坊さんが修行の際に食さない、においの強い野菜である「五葷」をも使っていません。しっかりとVegan仕様で、ヘルシー。そして宗教・宗派を超えて多くの方が食べられたりもするスグレモノ。

開発には、実際のお坊さんも携わっているとのこと。それは安心ですね。3年もの年月をかけて作られた、精進カップラーメンです。

  • 開発に3年の試行錯誤を繰り返す、最も手軽な「精進料理」

開発したのはリ・バースラボという会社。こちら、5年前に精進カップ蕎麦「我逢麺」を開発した会社です。

当時、知り合いの中で話題になっていたんですが、私自身は「我逢麺」を食べる機会に恵まれず残念に思っていたので、今回の「禅道」の発売は待ちに待ってました!と言う思いです。

昆布と野菜ベースで自然な美味しさ・コクと旨味を求め、幾度も試作を繰り返しながら、禅の心を失わず、3年の年月をかけて完成させたとのことです。

「動物性食品」「五葷」一切不使用の禅道は、お湯を足すだけの最も手軽に頂ける精進料理ですね。

スーパーなどでは見つからず、通販で箱買いしました♪


photo by たっくんKT

◆こちらをいただきました!

photo by たっくんKT

・精進ラーメン禅道 醤油 278円

あっさりしていて、初めて食べたときは物足りない気もしましたが、食べ進める間にじわじわと旨味が。

昆布ベースのしょうゆ味、野菜のコクと旨味を感じさせてくれます。メンマの風味も良いインパクトを与えてます。

お肉の代わりの大豆たんぱく、大豆ミートも入ってます。お麩も入って和の感じ。

食べてから何日か経つと食べたさがまたわいてきて、食べたら食べたで、前食べた時より美味しくなった気も。

箱買いして正解でした。

比較的薄味仕立てなので、トッピングもいろいろ合いますよ。先日は玄米もちを入れていただきました。

カラダにやさしくもたれないし、これはぜひ常備しておきたい一品です。

  • 精進料理ベースの商品が今後も生まれる?

開発会社によると、精進カップ蕎麦「我逢麺」の購入者から「精進料理のラーメンも食べたい」という声が多く届き、今回の開発をスタートしたとのこと。実際の僧侶の方からのアイディアから開発が始まり、老若男女全ての方に親しみやすく、簡単に食べられるカップ麺にしたのだそうです。

また、今後も精進料理をベースとした商品を実際の寺院や僧侶と開発し、世にリリースしてくれる予定とのこと。日本で育った”精進料理”の技術から、次はどんな商品が生まれるのかとっても楽しみですね。

「精進ラーメン禅道 醤油」は通販サイト「かるなぁ」で買えます。

禅道オリジナル寺院カード付き。ここでしか手に入らない寺院のご紹介、美しい四季を感じる写真など、特別なカードが付いています。これもなかなかおもしろいですよ。


photo by たっくんKT

 

【商品データ】

精進カップラーメン

家庭菜園ベジタリアン:たっくんKT。