日本古来の秘術「墨色占い」~自分で占う~

和紙に墨で書いた文字のカタチから様々なことを占う「墨色」という伝統的な占いがあります。この連載では、五十六謀星もっちぃが墨色占いを現代の道具で使いやすく再編算して、自分で占えるようにご紹介いたします。今回のテーマは相性占いです。

日本古来の秘術「墨色占い」~自分で占う~


photo by 五十六謀星もっちぃ

道具と書き方のおさらい

墨色とは、文字通り紙面に現れた墨の色艶や、かすれ具合などを参考にする占いです。洋紙にボールペンで書いた文字でも、字のバランスなどからいくつかの結果を読み取ることはできるのですが、それでは墨色本来の楽しみを体験できません。そこで五十六謀星もっちぃが様々な素材を探求した結果、ファストフードなどで使われる紙ナプキンに筆ペンで筆記するのが、もっとも現代の生活にマッチした墨色の使い方であることを発見しました。是非とも道具をご用意の上、墨色占いにトライしてみてください。

気になる人との相性を調べる

相性占いといえば、生年月日の占いによって互いの性格を見比べて判断するのが一般的です。しかし、相性には性格の相性だけではなく、タイミングの相性、そして相手をどう見ているかなどといったテンポラリーな判断が要求される相性も存在します。墨色では、特に互いをどう見ているかに注目して相性を占います。
相性を占いたい相手のことを頭に強く思い浮かべたなら、用意した紙に、「相」という文字を大きく勢いよく書いてみましょう。その字形とインク、もとい墨の状態をよく観察して相性を占っていきます。


photo by 五十六謀星もっちぃ

 

左右ののバランスの観察

まずは、字の形が左右均等になっているかどうかを観察してみましょう。書かれた文字を縦半分に分けたとき、大体半々くらいになっているのであれば、そのお相手との基本的な相性は悪くないはずです。バランスよく楽しい関係を作ることができる相手である可能性が高いです。
墨色占いにおいて、左側の「木」は相手のことを指しています。もしも、「木」が小さいのであれば、その相手はあなたにとっては少し力不足なパートナーかもしれません。
もう少し夢を与えてくれる相手を選ぶべきといえるでしょう。


photo by 五十六謀星もっちぃ

 

反対に「木」が大きく、「目」を飲み込むような形になっていたなら、それはお相手があなたの手に負えないような人であることを示しているといえます。


photo by 五十六謀星もっちぃ

 

「目」のバランス

右側の「目」の部分は、相手を観察するあなた自身を指しています。この真ん中の横線二つの距離が狭い場合には、相手を過小評価していることを示していると考えられます。反対に間が開いている場合には過大評価をしてしまっているかもしれません。


photo by 五十六謀星もっちぃ

 

「欠点」の観察

下図に示すような、かすれや途切れ、他と比べて線が細くなっている部分を、墨色占いでは「欠点」と呼びます。欠点がどこにできているかによって、この関係の相性の悪い部分を見極めることができます。


photo by 五十六謀星もっちぃ

 

「木」の欠点

「木」の真ん中の縦棒に欠点が生じている場合には、相手の根本的な性質に相容れないところがあり、性格の不一致が起こる可能性があります。考え方の相違は早めに歩み寄れる余地を探しておくべきであるといえましょう。
もしも左右に伸びる斜めの線に欠点が生じているなら、それはお相手の表面上の態度に問題があってうまくいかない可能性があります。左のそれならお相手の物腰や外部への振る舞いの問題で、右のそれならあなたに対しての愛情表現の問題かもしれません。
なお、横棒に欠点がある場合は、相手からの気持ちが薄い暗示です。

 

「目」の欠点

この部分を囲む四角形の返上に欠点が現れているなら、あなたの態度に問題があって相性が悪くなっている可能性があります。特に底辺に欠点があるのは、相手に対して過度の期待を寄せすぎていることの表れといえるでしょう。
もしも中の2本の横線に欠点が生じているなら、それはあなたの人を見る目が鈍っていることを示しているかもしれません。

 

 

占い師:五十六謀星もっちぃ