割烹の技がいきる「cafe369」の優しいVegan

割烹の技がいきる「cafe369」の優しいVegan


photo by たっくんKT

大きな街でありながら、ここ何年かベジレストランやベジカフェが無かった千葉駅周辺。そこに友人のお母様が、割烹料理で培った腕でVeganメニューを提供するレストランをオープンしたとの情報を得ました。今回ご紹介する「cafe369(カフェミロク)」がそのお店です。千葉駅から歩くこと約13分。千葉そごうなどを抜けたところにあります。

  • Veganは人の健康に、地球環境に優しい選択

たくさんの植物とウッディな店内。

「cafe369(カフェミロク)」はwebサイトで、Veganと言う選択を”優しい生き方”として紹介しています。

 

健康&環境に優しいvegan料理

だからお料理は全て、植物性由来の素材のみ。可能な限りオーガニック、完全無添加。

地元の美味しい有機野菜をふんだんに使い、調味料にもこだわった、工夫を凝らした野菜料理。

旬野菜をふんだんに使うため、飽きない新鮮な味。

 

店内にはVegan関連の書籍や雑誌がいくつも置かれていて、時間があればゆっくり学ぶこともできる環境になっています。

そんなところも興味深いお店。

 

◆こちらをいただきました!

photo by たっくんKT

お水はセルフサービスで、この日はアロエのお水かレモンのお水がいただけました。

ランチはパスタや定食など5種類のメニューがあります。

 

・秘伝の付けダレで食べる贅沢蒸篭(ぜいたくせいろ)御膳1,200円

 

ご飯は、千葉県の幻の米と呼ばれる「多古米(たこまい)」で、昭和38年には天皇陛下献上米に選ばれ、昭和46年には「全国自主流通米品評会」において食味日本一に選ばれたブランド。この日は3分付きにしたものをいただけました。椹(さわら)のおひつに保存して、余分な水分を除去した最高の状態で提供しているんだそうです。

 

スープは8時間以上コトコト煮出した野菜ダシスープです。この日はキクイモのスープでした。キクイモはイヌリンを多く含み、血糖値をおさえる効果が高い。ニンジンなど様々なベジブロスと一緒に調味されて、くせのあるキクイモが上手に仕上がっていて美味しくいただけました。

 

せいろ蒸しの野菜には、レモンのつけ汁と塩麹が用意され、ふかふかの、蒸されて旨味が前面に引き出された旬野菜がたっぷり楽しめます。これはおいしい、おすすめです!

 

ふきとネギの味噌も良かったですね。季節を感じる日本の野菜って口に合うものですね。やはり旨いものです。

 


photo by たっくんKT

・7種のスパイスと旬野菜の優しいトマトココナッツカレー900円

 

スパイスの味が絶妙。

トマト&ココナッツをベースにした優しい味に、7種のスパイスを織り交ぜているとのこと。旬の野菜がいっぱいです。こちらもご飯は多古米3分付き。

 

 

  • 味も良い、Vegan情報の発信基地に


photo by たっくんKT

麻は11時までモーニングメニューも。その他スイーツメニューも日替わりスイーツなどがあり、魅力的でした。

私たちの後に入ってこられたご婦人に、店員さんがカウンター越しに、分かりやすくVeganについてお話しなさっていました。環境のこと、動物たちの権利のこと、アンチエイジングのことなど、大事なことをしっかりと伝えていらっしゃいました。

Veganは人に、環境に、動物に”優しい選択”だと。

こんな風にして、この千葉駅周辺にもみんなにもベジタリアン文化が浸透していくと良いなと思いました。

 

 

【お店データ】

cafe369

営業:9:00~16:00 不定休

住所: 千葉県千葉市中央区中央3-14-1 STビル1F

電話:043-310-3322

最寄駅:JR総武線「千葉」駅から徒歩13分。モノレール「葭川公園」駅から徒歩4分。

地図:お店のサイトより

 

家庭菜園ベジタリアン:たっくんKT。