第9回ジオマンシーショートストーリー ケース9「喜び」〜モエの場合〜

第9回ジオマンシーショートストーリー

ジオマンシーは、アラビア生まれのとても当たる占いです。ジオマンシーの16のシンボルにまつわる物語を、一話完結のショートストーリーとしてご紹介していきます。

ケース9「喜び」〜モエの場合〜


出典: Pixabay

久しぶりに大学のサークルに顔を出したモエは、占いをするという後輩に、興味本位でみてもらうことにした。

「何をみてもらおうかな。別に悩みもないけど、まあ、就職についてかな」

「じゃあ、このダイスを転がしてください」

後輩は、ダイスの目を確認すると、占いの本をひらいた。

「結果は、えーと。『喜び』っていうシンボルですね。先輩、子供の頃なりたかったものってなんですか?」

「なんで、喜びだと子供の頃の話になるわけ?」

本を見ながらのド素人の占いに、モエはイライラした。

「あの、就活で喜びってことは、自分が楽しいと思える仕事がいいんじゃないかと思いまして。だから子供の頃の……」

「あのね、適当なこと言うの、止めてくれる?」

後輩の顔色が変わった。でもモエは止められなかった。

「仕事ってさ、遊びじゃないのよ。楽しいことなんてやってられないの。やりたくないことを、我慢して無理して、がんばってやるのが仕事なのよ。お遊び気分で占いしてられるのも、学生のうちだけよ。仕事は違うの」

後輩は、うなだれて頭をさげた。

「すみません……」

「あんたのために言ってるんだからね」

自分の口からその言葉がこぼれた瞬間、モエは、強烈な頭痛を感じて、よろけるようにして、その場を離れた。

壁によりかかるようにして、大学の廊下を歩きながら、めまいがした。

(あんたのために言ってるんだから)という言葉は、モエ自身が何度も何度も、母親に言われた言葉そのままだった。

高校受験のとき、大学を選ぶときも、就職活動が思うように進んでいないと話したときも。

ずっと母親から聞かされていた呪いのような言葉を、無意識のうちに自分が口にしてしまっていたことに、殴られたようなショックを受けた。

「わたし、このままじゃダメになる」

頭の中の霧が晴れていくように、気持ちがクリアになっていくのを感じた。

就職試験は、給料がよくて、見栄えがよくて、母親の自慢になりそうな名の知れた有名企業ばかり受けて、どこも玉砕した。自分がしたい仕事かなんて、考えたこともなかった。

自分が子供の頃、本当になりたかったもの……。


出典: Pixabay

外に出るとモエは、携帯を取り出して、実家に電話をかけた。

「お母さん、わたし、モエだけど。あのね、就職しないことにしたから。しばらくは今行ってるギャラリーでのバイトを続ける。自分が本当にやりたいことをやるの」

電話口の向こうで、母親が何かをわめいていたが、モエは、かまわず電話を切った。

気持ちが高揚していた。

さっきまで灰色だった風景が、急に色鮮やかに見えた。

「あ! あの子に謝らなくちゃ!」

モエはくるりと身をひるがえした。

自然と笑みが浮かぶ。

就職先は決まっていない。

でも、未来も決まっていない。

決まっていないことが楽しい、初めてそう思えた。

 

ジオマンシーシンボル「喜び」のキーワード

幸せ。楽しい。笑い。子供のような純真さ。

*画像は「ジオマンシーカード」「ハピタマ!」です。

 

〜高橋桐矢さん新刊発売のおしらせ〜

雷鳥社から高橋桐矢さんの新刊
「副業占い師ブギ」好評発売中!
占い師も波乱万丈というポップに違わず、
18人の副業占い師の18通りの人生、必見です。

占い師・作家:高橋桐矢