家庭で楽しむ本格メニュー「ベジレトルトカレー」の世界

家庭で楽しむ本格メニュー「ベジレトルトカレー」の世界

 

会社の食事会とかで、よくあるのが「ベジタリアンならサラダがあればいいでしょ?」と思われていること。

良くなくはないけれど、ベジタリアンでもお店でサラダを頼む確率って、普通に肉食する人がサラダを頼む確率と同じくらいか低いのではないかと思います。外食するなら、野菜を使ったメインの料理を食べて、サラダがあれば、それはそれでありがたいです。生野菜をバリバリ食べるのも楽しいですからね。

 

私は以前によくベジタリアンの食事会を企画していましたが、サラダメニューを用意するのは、よほど大人数で国籍様々な集まりでビュッフェをするときくらいかな?

サラダが嫌いなわけではないです。むしろ好きな方ですけれど、外食どきにあえてサラダは頼まないかな。そのお店のじっくり手を掛けた売りのメニューが食べたいです。サラダなら家庭菜園やっていればなおのこと、季節によってはいつでも飽きるほどに食べられるので。

 

話は逸れましたが、つまりはベジタリアンであるからこそ、食べることが好きで、手軽に食べるならサラダ以外にも色々あるよ、と言うことでした。

と言うわけで(?)我が家でも助けてもらっているベジタリアン仕様のレトルトカレーをご紹介します。

 

 

◆こちらをいただきました!

 

ご飯さえ用意できれば、あっためるだけで充分食事として楽しめるレトルトカレー。

じつはVegan仕様で食べられるレトルトカレーも、既に市場に多く出回っております。

その中からおすすめのものをご紹介します。


photo by たっくんKT

・にしきやのゴロゴロ野菜カレー320円

7大アレルゲン不使用。

大きめ野菜のあまくちカレー。

ただの“甘口”では物足りない大人の方にもオススメという“あまくち”カレー。

確かに辛くない、野菜の優しい甘さが感じられます。お子さまでも食べやすい一品。

具材にもソースにも野菜のおいしさたっぷり。

 


photo by たっくんKT

・see the sunのZEN MEETキーマカレー450円

ミンチタイプの玄米入り大豆ミート「ZEN MEAT(ゼンミート)」がこれでもかと入った、結構スパイシーなVeganカレー。にしきやのとは真逆なところにあるタイプ。

低脂質・香料不使用でいて、食べ応えたっぷり。肉っぽい食感は再現力高いです。

旨さという点ではレベルの高い一品。

 


photo by たっくんKT

・CoCo壱番屋の野菜カレー350円

我が家でもっとも消費の多いのがこれ。トータルして一番のお気に入り。ココイチブランドが提供する、動物性の原材料を使用していない野菜の美味しさを求めたカレーです。ココイチの各店舗でも買えます。

日本人が好きなカレーってこれだよねと言いたくなる一品です。

 

  • カレーにはサラダが合う

冒頭でサラダのことを書きましたが、カレーと一緒にサラダかあるのはうれしい。辛さが残る口の中をさっぱりさせてくれるアクセントにもなりますし。

今回ご紹介したレトルトカレー以外にもVeganレストラン監修の本格的なものや、ダイソーが出している100円で買えるものまであります。みなさんも材料表示とにらめっこしながら探してみてください。

我が家で食器洗い担当の私は、レトルトカレーを温めたお湯は捨てずにとっておき、洗い物をするときに活用しています。手早くきれいになるのでおすすめです。片付けまでお手軽なベジレトルトカレーの紹介でした。

 

【商品データ】

・にしきやのゴロゴロ野菜カレー

 

・see the sunのZEN MEETキーマカレー

 

・CoCo壱番屋の野菜カレー

 

家庭菜園ベジタリアン:たっくんKT。