第6回ジオマンシーショートストーリー ケース6「小吉」〜ショウタの場合〜

第6回ジオマンシーショートストーリー

ジオマンシーは、アラビア生まれのとても当たる占いです。ジオマンシーの16のシンボルにまつわる物語を、一話完結のショートストーリーとしてご紹介していきます。

ケース6「小吉」〜ショウタの場合〜

部署の飲み会で、女性主任が占いをしてくれた。

「ブレスレットで占うのよ」

ジオマンシーという占いで、結構当たるらしい。

一年目の新人のショウタも占ってもらった。

主任は、金色のチャームがついたブレスチェーンをテーブルの上に落とすと、笑みを浮かべた。

「ふふ。小吉ね」

「小吉ぃ〜?」

「いい結果よ。ショウ君にぴったりの」

ブレスチェーンをゆらしながら目を細める主任に、ショウタは食ってかかった。

「ショウだからショウキチなんてだじゃれ、いらねーっすよ」

「違う違う。小吉っていうのはね、確かに大吉よりは幸運は小さいけど、他力運なのよ。人が力を貸してくれるの。君が困ったときには、このチームのみんなが助けてくれるわ」

主任はショウタの5才上。くっきりとしたアーモンド型の目に、赤いリップを塗った唇。一目を惹く美人だ。仕事もできるし、部下からの信頼も厚い。自分には高値の花だ……ショウタは、腹に力をこめた。


出典: Pixabay

「おれは。人の力を借りたくないんっす。おれはおれの力で、仕事をやりとげたいんす。そのぶん人の何倍もがんばります。残業だってなんだってやりますから」

主任の目が優しく細くなり、赤い唇が、カーブを描いた。

「期待しているわよ。ショウ君」

それなのに。ショウタは、ドジをやらかした。ショウタが悪かったわけではない。小さな不具合をその場でリカバリーするスキルと経験値が足りなかったのだ。あせりから、余計にみんなの仕事を増やしてしまった。

主任も、先輩も同僚もみんな残業して、サポートしてくれた。

先輩は、クライアントに一緒に状況説明に言ってくれた。同僚は自分の仕事を後回しにして手伝ってくれた。

みんなのおかげで、不具合を取り戻すことができた。


出典: Pixabay

 

一段落したところで、

「すんませんでした!」

ショウタは、みんなに頭を下げた。

「いいってば」「大丈夫」

みんなの優しさがショウタには、余計にくやしかった。

「おれ……こんなんじゃ」

うつむいたショウタの背中を、先輩がバンバンと叩いた。

「主任にかっこ悪いとこ見せちまったって、思ってんだろ。おまえら早くくっついちまえよ!」

ショウタが驚いて顔を上げると、主任が頬を赤らめていた。

「主任……」

「誰の力も借りない孤高の英雄より、みんなが助けてくれる人のほうが、あたしはいいと思うのよ」

主任の瞳が、ぬれたように輝いていた。

ショウタは初めて、小吉という占い結果をまんざらでもないと思った。

 

ジオマンシーシンボル「小吉」のキーワード

小吉運。他力運。人に助けてもらえる。

*画像は「ジオマンシーカード」「ハピタマ!」です。

 

〜高橋桐矢さん新刊発売のおしらせ〜

雷鳥社から高橋桐矢さんの新刊
「副業占い師ブギ」好評発売中!
占い師も波乱万丈というポップに違わず、
18人の副業占い師の18通りの人生、必見です。

 

占い師・作家:高橋桐矢