「奥出雲玄米食堂井上 イオンレイクタウンmori店」

「奥出雲玄米食堂井上 イオンレイクタウンmori店」


photo by たっくんKT

今回ご紹介するのは越谷レイクタウン駅近くの商業施設”イオンレイクタウンmori”の中にあるオーガニック玄米カフェレストラン「奥出雲玄米食堂井上」です。

こちらのお店では、1867年・慶応3年創業の井上醤油店を使い、出雲そばや和の料理がいただけます。

こちらで出しているのは古式醤油と言うことでぐっと興味を惹かれました。

何十年か前に別の地域で古式醤油を味わったことがあり、そのコクとまろやかさに感動した覚えがありました。それも江戸時代の末から続く、蔵に住みつく酵母を150年もの間絶やすことなく受け継いでこられたという醤油。また味わいたいと今でも思い出すことの多い美味しい醤油でした。

 

奥出雲の醤油蔵、井上醤油店の天然醸造「古式じょうゆ」や「三倍糀味噌」など、こだわりの調味料。蕎麦処出雲の香り高い蕎麦。さらにこのお店では、野菜だけを使ったお寿司などもあり、しかもお米は酵素玄米を使っていると、興味を引くキーワードが盛りだくさん。

イオンレイクタウンでの買い物を楽しみながら、お食事いただいてきました。

 

  • 貴重なお米を、手間のかかる酵素玄米で気軽に頂けるありがたいお店

神話の里、奥出雲。ヤマタノオロチ伝説など数々の神話が残る里の、美味しさと健康をそのまま和定食で届けてくれる奥出雲玄米食堂。

 

使っているお米は『東の魚沼、西の仁多米』と言われるほどの、西日本随一と言われる奥出雲産のブランド米「仁多米」の玄米。

この玄米の豊富な栄養とおいしさは、ミネラルに富む良質な水と風化花崗岩の土質、そして昼夜の気温差のある気候風土が生む寒暖の差による賜物とのこと。全国の食味のコンテストにおいても優秀な評価を受ける有名銘柄だそうです。

 

そんな貴重なお米が酵素玄米として提供されています。「玄米」「塩」「黒豆」「小豆」などを使用して炊き上げ数日の間寝かせることで、玄米の糖質に小豆のタンパク質やアミノ酸が反応し旨味がさらにアップ。もっちもち食感の美味しく食べやすい玄米に変わります。ミネラル、ビタミンの消化吸収が良くなり、小豆に含まれるポリフェノールの働きも期待できるとのこと。

こんなお米がいただけるなんて、貴重なお店です。

◆こちらをいただきました!


photo by たっくんKT

・玄米握り8貫定食1200円

本日の小鉢3品

味噌汁

デザート付き

野菜で食べるお寿司。ネタは野菜、葉野菜、根菜、きのこなど多種多様。それぞれ独特の香り、味わい、歯ごたえで楽しめますね。

際立つのはお醤油の旨さと玄米の旨さ。お醤油は出雲の古式醤油、お米は酵素玄米、奥出雲玄米食堂井上の、こだわりがうかがえる部分がここですね。

全部しっかりした工夫が凝らされていて、ナスには相性のいいタレが塗ってあったり、トマトのジューシーさを抑える葉野菜が載せてあったりと、一口ごとに楽しいです。アボカドのお寿司ときのこの天ぷらのお寿司が、個人的には好みでした。

味噌汁のお出汁は鰹と昆布とのことでVeganではありません。

お寿司も小鉢も古式醤油の旨味が深くて、素晴らしい味わいでした。

 


photo by たっくんKT

・石田さんのおからで作ったハンバーグ 井上醤油店の古式醤油を使ったおろし餡480円

動物性素材を使わないで作られたおからのハンバーグ。やわらかく、旨味の深い餡でいただく、つまみとして、定食のプラスアルファのおかずとしておすすめです。

  • 日本の胃袋を癒してくれるお料理


photo by たっくんKT

とっても落ち着ける良いお店でした。

メニューには「日本の胃袋にピッタリな定食」を意識して通られたという料理の数々。バランス和定食が並びます。

化学調味料無添加の辛口玄米カレーや、日本三大蕎麦の一つ出雲そばが味わえるのもいいですね。すべてが植物性素材だけのメニューではないですが、神話の時代から継がれてきた、日本人のカラダによさそうな、合いそうなものばかり。

自分のカラダにリラックスできるごほうびが必要な時におススメしたいお店です。

 

【お店データ】

奥出雲玄米食堂井上 イオンレイクタウンmori店

営業:11:00~23:00 休みはイオンレイクタウンmoriに準ずる

住所: 埼玉県越谷市レイクタウン3-1-1 イオンレイクタウンmori 1F

電話:048-961-8709

最寄駅:JR武蔵野線「越谷レイクタウン」駅から徒歩13分。東武伊勢崎線「新越谷」駅から徒歩52分。

地図:食べログのサイトより

 

家庭菜園ベジタリアン:たっくんKT。