第4回ジオマンシーショートストーリー ケース4「拘束」〜ノゾミの場合〜

第4回ジオマンシーショートストーリー

ジオマンシーは、アラビア生まれのとても当たる占いです。ジオマンシーの16のシンボルにまつわる物語を、一話完結のショートストーリーとしてご紹介していきます。

ケース4「拘束」〜ノゾミの場合〜


出典: 写真AC

 

職場の同僚と一緒に、昼休みに占い師さんが今週の占いをウエブにアップしてたのを見たんですよ。

ジオマンシー占いっていう、アラビアの占いで。

「拘束」っていうシンボルが出ていて、来週はものごとの遅れや停滞、あと仕事が忙しくなるって書いてあって。

同僚はなぜかテンション高く、「拘束って何〜? ありえな〜い!」って笑ってたんです。

わたしはただ、ふうん、って思っただけだったんですよね。

わたしたちの仕事は、イベント関係なんですけど、特に問題もなく順調に進んでいたし、忙しいどころかむしろ、ヒマなくらいで。

そろそろバーゲンが始まるから、仕事終わりに買い物に行こうとか考えてました。

ところが、翌週の月曜日に、関わっていたイベント関係で重大なミスが見つかって、大変なことになったんです。

こっちのミスじゃないにしても、とにかく、イベントの開催が危ぶまれるくらいで。関係各所への連絡に、いろんな準備のやり直し、手配し直しに、もうてんやわんやでした。

わたしも、ものすごい勢いで大量のメール書いて、電話しまくりました。

初めて会社に泊まり込みで仕事しました。


出典: 写真AC

 

終電がなくなっても書類整理が終わらなくて、タクシーで帰ることもできたんですけど、会社の休憩室で仮眠しました。夕食と夜食には、上司がコンビニでおにぎりを買ってきてくれて、みんなで食べました。

お化粧も落とせなくて、アラサーのOLには、厳しかったですよ。

それでも、なんとか数日で、準備のやり直しもできて、ほっとしました。

一段落してから、お昼休みに同僚といたとき、ふと、あの占いのことを思い出したんです。

「先週、拘束されてたよね?」

同僚がごくっと、唾を飲み込むのがわかりました。

「どうしてわかったの?」

って同僚が言うので、何言ってんだろうって思って。

「わかるにきまってるじゃない。あたしも拘束されてたし」

「ノゾミも!?」

同僚の目が、急にキラッと光ったんです。

そして、あたりをうかがってから、こっそり教えてくれたんです。

「今の彼が、縛るの好きな人なの。あたしもくせになっちゃって」

「え?!」

そのときの同僚のびっくりした顔、忘れられません。

あとから言ってたんですけど、同僚は、占いで「縛りプレイ」がバレたと思って、ドキドキしてたらしいです。

そういうプレイがあるんですね。

人それぞれでいいと思いますよ。

とりあえず、わたしとしては、仕事の突発事故への対応で、自分自身、少しスキルアップできたって気がしてるんです。また拘束されたいとは思わないですけどね。でもまあ、パワーアップできたのは、これはこれで、いいかなって。

 

ジオマンシーシンボル「拘束」のキーワード

孤独。動けない。物事の遅れ。停滞。
*画像は「ジオマンシーカード」「ハピタマ!」です。

 

〜高橋桐矢さん新刊発売のおしらせ〜

12月20日雷鳥社から高橋桐矢さんの新刊
「副業占い師ブギ」が発売されます。
新刊の発売を記念して、
ウラスピナビ読者さま先着3名にこちらの新刊をプレゼントいたします!

 

本日より2019年12月末日までにウラスピナビメルマガをご登録ください。
※すでにメルマガにご登録されている方はOKです。
1月10日発行のメルマガをご覧いただき、書かれてあるパスワードをお書き添えの上、
下記、お問い合わせフォームより
・お名前
・メールアドレス
・パスワード
をおしらせください。
読者プレゼント応募先:http://uraspi.com/contact
◎応募締め切りは1月15日23:59となります。
◎いただいた個人情報は、プレゼント企画のみに使用いたします。
当選者の方にはウラスピナビ編集部より、1月中に連絡させていただきます。http://uraspi.com/contact

 

 

占い師・作家:高橋桐矢