どんなピンチでもそれはチャンスです

どんなピンチでもそれはチャンスです

 

肌寒い日が増え、めっきり秋めいてきたこの頃。

1年の締めくくりの準備に入ってきているのではないでしょうか?

今回は「 ピンチをチャンスに変える方法 」です。

一見ピンチはとんでもない出来事に感じてしまうもの。

しかし、視点を変えてみるとチャンスと捉えられることも多いのです。

今回はチャンスに変えていく方法をお伝えします。


出典: Pixabay

 

【 騒ぎ立てない 】

 

 

酷くショックを受けてしまったり、驚いたり。

そうなると人は混乱し、感情が乱れます。

そんな時は周りを巻き込むような形で、騒ぎ立ててしまうことも多いでしょう。

 

しかし、そうしてしまっては事態を大きくなりがち。

逆に傷口を大きくしてしまうことでしょう。

 

そんな時こそ冷静に。

これ以上事態を大きくしない為にも騒ぎ立てない方が賢明です。

 

感情の乱れは、周りを波のように大きく飲み込んでしまいます。

まずは冷静に受け入れ、波大きくするのではなく吸収するようなイメージで行きましょう。

 

 

 

【 感情的に訴えない 】

 

 

自分が辛い直面に立たされると、「 どうして自分だけ 」と言うような思考になりがちです。

その為、周りに自分の辛さを認めて欲しい衝動に駆られることでしょう。

まずはその衝動を抑えて行くこと。

 

周りに対し、感情を訴えたところで何も解決にはなりません。

むしろ、自分の不利益になるような事態になりかねないことでしょう。

 

自分にとって利があるようにする為にも、まずは冷静になることを心掛けることが重要。

そして、このピンチを自分でチャンスに変えると言う気持ちに切り替えることです。

 

そうすれば、狭まった視野が広がって行くことでしょう。

 

 

 

【 慌てた時こそ深呼吸 】

 

 

慌てている時は呼吸すらも忘れがちです。

そんな時こそしっかりと深呼吸し、体全体に酸素を送り込みましょう。

そして、自分にも「 大丈夫 」 と言い聞かせながら呼吸を巡らせて行くことで、気持ちが落ち着きます。

 

そして、酸素が行きわたると同時に冷静になれるので、まずは息をすることを忘れないようにしましょう。


出典: Pixabay

 

【 どんなピンチでも物事が動くチャンス 】

 

 

生きていれば良いことも、悪いことも起きるもの。

だからこそ人生の重みを感じられるのだと思います。

例えその時は悪いことに思えることでも、物事が動き始めると言うことには変わりはありません。

それを上手く自分の中で受け入れ、どう受け流して行くか?と判断して行くことでチャンスに繋がって行きます。

 

辛い経験を重ねることで、耐性も身に付きます。

ただでは転ばないと言うような、不屈の精神も養われることでしょう。

 

ピンチをチャンスに変えるか?傷口を広げるか?は自分次第なのです。

 

上手く交わしつつ、切り返すようなメンタルを養っていくと又、この先の見方も変わって行くことでしょう。

 

 

占い師:愛海