日本古来の秘術「墨色占い」~自分で占う~

皆さんこんにちは。五十六謀星もっちぃです。前回に引き続きまして、日本古来の伝統的な占術である「墨色占い」を、現代的に再構築して解説します。今回は、自分で占う「相手の気持ち」をテーマにお送りします。

日本古来の秘術「墨色占い」~自分で占う~

道具と書き方の説明

「墨色」とは、紙に文字を書いたときに現れる形や墨のかすれなどを使った占いです。本来は和紙と筆と墨を使って占いますが、それはなかなか大変です。そこで、いろいろ試したところ、ファストフードや喫茶店で使われる紙ナプキンと、筆ペンか、もしくはフェルトペンを使って占うと、適切な占いができると判明しました。是非ともお手元にご用意の上、お試しください。

 

「恋」の文字から相手の気持ちを占う

今回は、墨色で相手の気持ちを占う方法を伝授します。まずは、気になる相手のことをよく念じながら、用意した紙に「恋」と書いてください。上手に書くことよりも、相手に対しての思いを込めて書くことが大切です。

 

具体的な解釈

 

和睦点の数

下図のような半月状の形になった点を「和睦点」と呼びます。和睦点は、相手からの好意を表すサインです。恋という字には、全部で6つの点がありますが、このうちいくつが和睦点の形になっているか数えてみましょう。


photo by 五十六謀星もっちぃ

 

和睦点が1つか2つあれば、十分な好意を寄せられていると考えてよいでしょう。和睦点がもしも3つ以上あれば、お相手はもっと仲良くしたいと願ってくれていますので、さらに関係が発展する可能性があります。和睦点が一つもない場合には、相手からの気持ちよりもあなたの気持ちのほうが大きいかもしれません。

 

「欠点」の位置を見る

下図のように、紙に書いた文字にかすれや途切れなどができている場所を欠点といいます。


photo by 五十六謀星もっちぃ

こうした欠点が、どの部分に生じているかによって、相手の気持ちの問題点を知ることができます。下図のエリア分けを参考にして、それぞれの部位に生じている欠点の意味を吟味してください。


photo by 五十六謀星もっちぃ

 

天運

上部の天運にかすれが生じている場合、相手は自分自身のことで深く悩んでいて、恋愛に集中することができない状況にあると考えられます。しばらくはそっとしておいた方がいいかもしれません。

 

地理

下部は心の安定感を示す部位です。ここに欠点があるなら、特に「心」という文字の最も長い線にかすれなどが生じている場合には、今後の関係性を再考したいと相手が考えている可能性がありますので要注意です。

 

福田

この位置は心の豊かさを示す部分です。右端の点にかすれなどが生じている場合は、相手のお気持ちによこしまな下心などが潜んでいる可能性があります。

 

利門

左側の二つの点は、相手からの思いやりの深さを表しています。ここに欠点が生じている場合には、相手が自分勝手になって、あなたを大切に思う気持ちが小さくなっているかもしれません。

 

縦線の止まり方

恋という時の中央の二本の縦線の末尾が、流れているか止まっているかによって、相手からの連絡があるかどうかがわかります。


photo by 五十六謀星もっちぃ

線の末尾が止まらずに流れている場合にはあ、相手からの連絡があるでしょう。左右ともに流れている場合にはなおさらです。右図のように線の末尾が止まっている場合には、彼からの連絡は少ないかもしれません。特に、左側の線が止まっている場合には、必要な連絡が滞る恐れがあります。

 

「心」の右の2つの点

恋という字の最後の2つの点は、二人の心がしっかりと向き合っているかどうかを示しています。この二つが全く平行に走っていて、交わる気配がないなら、それぞれの考えていることにずれが生じているかもしれません。逆にこの2つがつながっていたなら、それは二人の気持ちが通じ合っていることを示しています。つながっていなくても、左の点の末尾が右の点に向かっているなら、恋心が相手に届く可能性が高いといえましょう。

 

 

ウラスピナビ編集部オススメ

あの人の本心が知りたい……

そんなときにはチャットでリアルタイムに相談できるLINEトーク占いを利用してみましょう。

「LINE」のトーク・電話機能を使った占いはテレビや雑誌などの各メディアで活躍中の敏腕占い師さんが勢ぞろい!

今なら初回10分無料で占ってもらえますよ!

LINEトーク占いはこちらから

 

占い師:五十六謀星もっちぃ