ハロウィンの前に試したい! 彼をドキッとさせる攻めのテクニック

ハロウィンの前に試したい! 彼をドキッとさせる攻めのテクニック


出典: Pixabay

 

気になる人をデートに誘いたいけど、どうしたらいいのかわからない!

 

好きだからこそ受け身になってしまうことって、ありますよね?

 

今回は、誰でも気軽にできる、「攻め」の恋愛テクニックを心理学で解説します。

 

・目的は、ドキッとさせること! その方法は意外に簡単!?

恋愛が始まる第一歩は、気になる彼に異性として見られることです。

「ただの友達」で終わらないためにも、相手をドキッとさせることが大切です。

 

でも実は、ドキッとさせるのは、そんなに難しいことではないんですよ!

 

なぜなら、ドキッとするのは、「意表をつかれた瞬間」だからです。

 

アメリカの心理学の研究で、人間は思いがけない出来事に遭遇したときにだけ、大きく感情が揺さぶられ、その経験を覚えていると発表されています。

 

それでは、意表をつく行動を紹介します。

 

・「LINEの返事は焦らしたほうがいい」はウソ!? 


出典: Pixabay

ところで、あなたは好きな人からLINEが来たら、どれくらいの時間で返信していますか?

 

焦らしたほうが、わたしのことを考えてくれるかも。

 

落ち着いて文章を考えたいから、夜のリラックスタイムに返信しよう。

 

そんな風に考える人もいると思いますが・・・・・・

 

意表をつくためには、できるだけ早く返信するのがおすすめです。

 

あなたがLINEを送ったときにすぐに既読がついたら、スマホの向こうに相手の存在を感じて、ドキッとしたことはありませんか?

 

それは、彼も同じです。

なので、彼が思わず、「早っ!!」と言ってしまうくらいのスピードで返信をしましょう。

 

・求められるのはスピード! 内容よりも速さで攻めよう

 

「仕事、終わったー」とか、「お疲れさま」といった短い文章でOKです。

 

他愛もないやりとりを2、3回続けて、自分から食事に誘ってみましょう。

 

まだ2人で食事に行ったことがない関係なら、「おいしいごはんが食べたい」とか、「パーッと飲みに行きたい」と言って様子をうかがって。

 

彼が、「いいね、行きたい」とのってきたら、「今週の土曜日はどう?」と、できるだけ早く誘います。

 

家や職場が近ければ、「明日の夜は?」もいいですね。

 

ここでの目的は、OKの返事をもらうよりも、ドキッとさせること!

 

あなたの返信を読んで、「えっ、早っ!」と、彼はまた思うでしょう。

 

・行きたい場所は柔軟に変えて、デートの約束をとりつけよう

 

あまりにも早いレスポンスに意表をつかれ、彼の感情は大きく揺さぶられます。

 

さらに、具体的な日程を提示することで、彼もハッキリとした返事をくれるはずです。

 

「明日は無理だけど、週末なら大丈夫」と、提案した日程がダメでも、別の日を提示してくれる可能性は高いですよ。

 

もし、「今週の土曜は、夜に予定が入っていて・・・・・・」と、断られた場合も諦めないことが肝心です。

 

そんなときも受け身にならず、「お昼に時間があれば、ランチでも行こうよー」と気軽に誘います。

 

これも意表をつくテクニックで、「パーッと夜に飲みに行くんじゃないのか」と、彼は心の中でツッコミを入れるはず。

 

これらのやりとりに共通するのは、彼に反応させることです。

 

「きっとこんな返信が来るだろう」という予想を裏切ることで、彼をドキッとさせ、あなたの存在を意識させます。

 

たとえ日程がダメで断られても、その後の展開がスピーディーになりそうですよね。

 

ぜひ、気軽に試してみてくださいね。

 

ウラスピナビ編集部オススメ

新生活。初めてのことばかりで不安な時、でも相談する人がいない……

そんなときにはチャットでリアルタイムに相談できるLINEトーク占いを利用してみましょう。

「LINE」のトーク・電話機能を使った占いはテレビや雑誌などの各メディアで活躍中の敏腕占い師さんが勢ぞろい!

今なら初回10分無料で占ってもらえますよ!

LINEトーク占いはこちらから

 

美濃部由紀