感情の向き合い方~怒りを感じるあなたへ~

感情の向き合い方~怒りを感じるあなたへ~

秋の気配を感じるこの頃。

季節の変わり目に気持ちも大きく変動するものです。

怒りを抑えられない。

怒りを感じやすいそんなあなたへ、感情の向き合い方を伝えます。


出典: Pixabay

 

【怒りをマイナスだと思っていませんか?】

 

 

負の感情と言うイメージが大きい怒り。

確かに、憤りを感じている時は幸せな気分にはなれません。

 

しかし決して悪い感情ではないのです。

 

怒りも勢いのあるエネルギーには変わりはありません。

ただ、他人に向けすぎることは危険です。

無理に抑え過ぎないこと。

 

そして、何に憤りを感じているのか?

と言うことを自分の中でしっかりと自覚して行きましょう。

 

 

 

【怒りは損と思っていませんか?】

 

 

怒りのキッカケは人それぞれ。

そして、怒りを感じることに対し実際、問題は別にあることが多いもの。

まずは気持ちを整理し、気持ちを整えて行くと良いでしょう。

 

そして 気持ちと勢いで、何かをしてみたりすると意外とはかどりますし、良いものになることも多いはず。

 

ぶつける先を少し工夫することで、気持ちも物事も良い方向へと向かうことでしょう。

決して損をしていると言うことなどないのです。

 

 

【ぶつける方向性を間違っていませんか?】

 

 

時として怒りをぶつける時に、相手や方向性を間違っている事があります。

相手に対して感じる怒り、不満、憤り。

それらは本当にその相手に対してなのでしょうか?

 

まずは冷静に考え、感情を整理して行きましょう。

根底にある気持ちはその時に感じるものへ対する気持ちとは限りらないからです。

何故怒りを感じているのか?と一呼吸置いて考えてみると良いでしょう。

 

そうすれば、抑えている自分の気持ちに気付くこともあるはずです。


出典: Pixabay

 

【上手く感情と付き合って行くために】

 

 

心の底から湧き上がる憤り。

それは強いエネルギーです。

ずっと怒っていると無駄なエネルギーを消費している事になります。

 

しかし、ずっと抑えていても活火山のようにいつかは噴火してしまうもの。

上手く小出しに吐き出し、エネルギーを分散させて行けば自分の為にもなるはずです。

 

例えば、腹立たしい!と言う時に軽い運動をすると、汗と一緒に気持ちもスッキリします。

大きな声で叫んでも良いでしょう。

 

何か自分の中で抑圧しているものを吐き出す。と言うことをして行くことで、見えない鬱積が無くなって行きます。

 

どんな感情でも湧き上がるものは素晴らしいこと。

全てを否定せず、どんな自分でも素直に受け入れること。

 

そうして行くことで、本来の自分のあるべき姿が見えることでしょう。

 

特に怒りの感情は自分の抑えていた部分を顧みる良いチャンス。

デトックスだと思い、上手く自分と向き合うと良いでしょう。

 

どんなあなたでも、素晴らしいことには変わりないのですから。

 

 

ウラスピナビ編集部からのオススメ

「冷めた関係は修復可能ですか?」

「仕事に明るい未来を描けない」

そんな方には電話占いウラナがオススメです。

ウラナが厳選した、個性豊かで実力派の鑑定師が多数在籍。

あなたのお悩みにピッタリな鑑定師がきっと見つかります。

利用者さんの声もしっかりと掲載されていますので、初めての方にも安心です。
電話占いウラナはこちらからどうぞ!

 

占い師:愛海