原初のスーパーフードが店名の由来。都会の真ん中「FICO&POMUM」でフルーツフルなお食事を

原初のスーパーフードが店名の由来。都会の真ん中「FICO&POMUM」でフルーツフルなお食事を


photo by たっくんKT

今回はスーパーフードのスムージーが東京丸ビル地下で楽しめる「FICO & POMUM」をご紹介します。“FICO & POMUM”とは「イチジクとリンゴ」という意味のラテン語なんだそうです。旧約聖書に登場するアダムとイブの禁断の果実も「リンゴ」で、その体を覆っていたのは「イチジク」の葉であったとされています。もっとも古く文献に現れたのも、この2種類の果物であるとのこと。神様に与えられたもっとも基本となる果物・スーパーフードと言うことでしょうか。これはカラダの基本を整えるのに、良さそうなお店のようです。

  • 日々のライフスタイルを果物と野菜でサポートする「FICO&POMUM」

まずおいしくて、誰にでも毎日楽しめるものを提供することが「FICO&POMUM」のモットー。東京駅丸の内南口からすぐ、オフィス街の真ん中・丸ビルの地下にありますから、そこで働く多くの方の活力として、果物や野菜が活躍しているわけですね。

週末も観光客がたくさん集まる場所ですから、もちろん元気に営業されています。毎日しっかりとサポートしてくれます。

◆こちらをいただきました!


photo by たっくんKT

・ビーガンサンド450円

たくさんのサンドウィッチメニューのなかに1つ純植物性のビーガンサンドがあります♪

中の具材はグリーンリーフ、トマト、ケール、アボカドディップ、イエローマスタード。

国産天然酵母で香り豊かに焼き上げ、数種類のシリアルを混ぜた栄養価の高いパンを使っています。バターは塗らずに、お店で1つずつ丁寧に作っているとのこと。

野菜の酸味、苦味、旨味とザクザク食感、マスタードの辛味がピリッと美味しいサンドウィッチ。生野菜好きにピッタリ。栄養も満点。美味しい軽い腹ごしらえに最適な一品。


photo by たっくんKT

・スムージー エバーグリーン480円

こちらの中身は小松菜、ケール、パセリ、レモン、リンゴ

野菜と果物の美味しさがダイレクトに楽しめる、飲みやすいスムージーです。

サンドウィッチにも入っていた”スーパーフード”のケール。栄養価も高く、今やスムージー人気を支える定番野菜。ビタミン、カリウム、カルシウム、鉄分、カロテンなどがバランス良く含まれ、健康食に最適な優れた食材とあります。

その他にもアサイーやナッツなどのスーパーフードがいっぱいの「リッチで濃厚な質感」のスムージーやサンドウィッチがさまざま楽しめます。

毎日行っても飽きのこないバリエーションの豊富さは大事ですね!

  • 日々摂り入れたいのはやっぱり天然のおいしさ


photo by たっくんKT

FICO&POMUMのスムージーは、本物の果物と野菜を贅沢にブレンドした「リッチで濃厚な質感」が特徴。

甘味料は白砂糖を使わず、体にやさしい天然由来のオーガニックなものだけを採用。

化学的に合成されたものを避ける。

保存料・着色料が含まれていないものを選ぶ。

…等々、天然のおいしさを提供してます。

日々カラダに摂り入れるものは、やっぱりそうあってほしいもの。FICO&POMUMなら、無理なく楽しみながら提供してくれます。

  • 元気になりたいときは果物が最高!


photo by たっくんKT

店内での飲食はできませんが、丸ビルの地下にはこんなフリーの飲食スペースがあるので、ここで食べることができます。

“FICO & POMUM”は、人間と果物の長いお付き合いの歴史を表現していますと書かれていましたが、本当にその通り。カラダに活力を与えてくれる果物は、ほっと一息つきたいとき、疲れを癒したいとき、元気がほしいときなどに、ずっと私達の味方になってくれています。

忙しい合間も積極的に果物が摂れるこういうお店、ありがたいです。

 

【お店データ】

FICO&POMUM 丸ビル店

営業: 月~土11:00~21:00(日祝~20:00) 無休

住所: 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビルB1F

電話:03-6273-4740

最寄駅:JR各線・東京メトロ丸の内線「東京」駅1分、東京メトロ千代田線「二重橋前」駅1分

地図:お店のサイトより

 

ウラスピナビ編集部オススメ

新生活。初めてのことばかりで不安な時、でも相談する人がいない……

そんなときにはチャットでリアルタイムに相談できるLINEトーク占いを利用してみましょう。

「LINE」のトーク・電話機能を使った占いはテレビや雑誌などの各メディアで活躍中の敏腕占い師さんが勢ぞろい!

今なら初回10分無料で占ってもらえますよ!

Posted in ウラスピ