手相を知って初対面の相手とも楽々会話!【手相】手の平『丘』を知る

【手相】手の平の宇宙! 線を観る前に知っておきたい掌(てのひら)の盛上り『丘』  

手の平の線を観る前に分かる手相の基本 

手相というと、手の平の線を観る占いという印象が強いですが、手の形や指、爪、指紋なども手相を観るポイントとなっていて、特に、手の形と共に、手の平にある盛上りは、線を観る前に必ずチェックする大切な鑑定ポイントです。


photo by 花岡正人

西洋の手相学では「丘(おか)」と言っていて、位置により惑星の名前とくっつけた「●●丘(きゅう)」と名付けて、それぞれ意味を持っています。

(余談ですが、手首近くの丘を(盛上りはないですが)「地丘」と言い、ここを地球と見立てて、各惑星との距離になぞらえて手首から近い順に「月丘」「金星丘」「火星丘」「水星丘」「太陽丘」「木星丘」「土星丘」と名付けられたようですが、西洋占星術の各惑星の意味ともリンクしているようです。)

上図のように、手の平に盛上る場所がありますが、人により、ほとんど盛上りがなくフラットだったり、盛上っている場所と盛上っていない場所が混在していたりします。

盛り上がりは、しっかりした肉付きで色艶良く、弾力がある丘が、それぞれの丘の意味を高めて良い資質を表します。

盛り上がりが弱く貧弱(薄い、青白い・褐色、ブヨブヨの柔らかさ)な丘は、その意味を弱めた資質となりますが、逆に盛り上がり過ぎたり、色づきも赤みがかり、硬い丘は、意味が強く出すぎてしまい過剰な固執となるので注意が必要です。

■各丘の意味は、手の平を分割すると分かりやすいです 

上図のように、各丘の意味は、その手の平を分割して考えると理解しやすいです。

丘の意味を知らなくても、何となく、手の平の上側がしっかりしていれば賢そうだなとか、下側がガッチリしていると体力があって愛情も強そうだなとか、親指側は力強い男性的なイメージで、小指側は柔軟な女性らしさをイメージ出来ますね。

<手の平の上側の盛上りや大きさ 【知性的活動】>

手の平の上側は、理性や知的活動が出やすい部分で、指の下の盛上りや大きさがしっかり出ていれば、常識的な頭の使い方が出来て、理性で感情や本能的行動をコントロールすることが出来る資質になりますが、上側がしっかりしていても、手の平の下側が貧弱だと頭でっかちの状態で、理屈っぽさや物質的興味が高すぎて、自分の損得で考えてしまう冷たさや、教科書通りの行動になりがちです。

<手の平の下側の盛上りや大きさ 【 本能的活動 】>

手の平の下側は、本能や基本的体質が出やすい部分で、盛上りが、肉付き良くしっかりした弾力があると、本能的活動が優位な人間味溢れた感情が現れますが、手の平の上側が貧弱だと、理性に欠け、単純で自分の目の前の損得だけで動く動物的志向になりやすいです。

<手の平の親指側の盛上りや大きさ 【 活力の高さ、体力、頑丈さ 】>

手の平の外側(親指側)は、最も力が入りやすい部分でもあり、人間的なエネルギーの高さや生命力、積極性など活力を表す位置となります。
親指や人差し指周りがガッチリして弾力のある丘の盛上りがあると、活発な行動力となりますが、小指側半分が貧弱だと、勢いだけの大雑把で鈍感なガサツさが目立つ行動となりやすいです。

<手の平の小指側の盛上りや大きさ 【感受性、芸術性、精神性 】>

手の平の内側(小指側)は、繊細な力加減が必要な部分でもあり、柔軟な思考や感受性、精神的感情の豊かさ、芸術・美的センスを表す位置となります。
小指・薬指周りや、その下の手の平のフチ周りがガッチリして弾力のある丘の盛上りがあると、創造的感性が優れたコミュニケーションの能力や洗練されたセンスの良さが現れますが、親指側半分が貧弱だと、消極的で、自信の無い精神的弱さや、現実逃避しやすい自由人的行動となりやすいです。


出典:無料素材画像 写真AC

 

そして、各丘の位置と意味は以下の通りです。

▼木星丘(人差し指根元の盛上り)

「(A)知性」&「(C)活力」

向上心、積極性、意欲、努力などを表す丘です。
(発達しすぎは傲慢、貧弱は人任せ)

▼第一火星丘(木星丘下・金星丘上の盛上り)

「(A)知性」&「(C)活力」

決断力、野心、攻撃性など、木星丘・金星丘の「動」の部分を協調した丘です。
(発達しすぎは暴力的・ヒステリー、貧弱は消極的)

▼土星丘(中指根元の盛上り)

「(A)知性」&「(C)活力+(D)感性」

思慮深さ、探求心、孤独・孤高、勉強熱心などをを表す丘です。
(発達しすぎは孤独・人間嫌い、貧弱は軽薄)

▼太陽丘(薬指根元の盛上り)

「(A)知性」&「(D)感性」

運勢の輝き、金運、地位・名誉、欲、芸術性などを表す丘です。
(発達しすぎは欲深く強引、貧弱は報われない人生)

▼水星丘(小指根元の盛上り)

「(A)知性」&「(D)感性」

社交性、商才、貯蓄(財運)、性機能などを表す丘です。
(発達しすぎは詐欺師的、貧弱は人見知り・金儲け下手)

▼第二火星丘(水星丘下・月丘上の盛上り)

「(A)知性」&「(D)感性」

冷静さ、忍耐力、我慢、抑制など、水星丘・月丘の「静」の部分を協調した丘です。
(発達しすぎは頑固者、貧弱は気力・忍耐不足)

▼金星丘(親指根元の盛上り)

「(B)本能」&「(C)活力」

愛情、包容力、身体の強さなどを表す丘です。
(発達しすぎは不誠実・浮気者、貧弱は独善的)

▼月丘(小指下手首上(第二火星丘の下)の盛上り)

「(B)本能」&「(D)感性」

感受性、創造性、美的・芸術センスなどを表す丘です。
(発達しすぎは空想・妄想グセ、貧弱は魅力に欠ける)

 

<合わせてみておきたい関連する記事> 

・・・・【手相】指の下の盛上がりがなくて平坦だけど大丈夫? 

・・・・【手相】小指側の手のフチ形状で性格診断できる! 

・・・・【手相】指の根元の配列が教えてくれる、あなたの個性 

・・・・【手相】身体の無理が利いちゃう人、利かない人 

■自分が標準にならないように、多くの人と比較しましょう 

丘の盛上りは、人により全く異なる現れ方であり、それぞれの盛上り方に基準がありません。

多くの人を観た鑑定師であれば、その標準的な盛り上がりを、経験値により区別することが可能ですが、そうでない人は自分の手が基準になってしまうので、それがどの程度の盛上りなのかの判断は難しいと思います。

鑑定師に観てもらえば良いのですが、興味のある方は、何人か友人の手を見させてもらって、標準がどの程度なのか、自分の丘はそれに比べてどうなのか、という比較が出来ると丘の見方も面白くなっていきます。

コミュニケーションツールとしてもお役立ていただければ幸いです。

 

ウラスピナビ編集部オススメ

新生活。初めてのことばかりで不安な時、でも相談する人がいない……

そんなときにはチャットでリアルタイムに相談できるLINEトーク占いを利用してみましょう。

「LINE」のトーク・電話機能を使った占いはテレビや雑誌などの各メディアで活躍中の敏腕占い師さんが勢ぞろい!

今なら初回10分無料で占ってもらえますよ!

LINEトーク占いはこちらから

 

手相セラピスト:花岡正人