第2回・ジオマンシーの占い方

第2回・ジオマンシーの占い方

ジオマンシーという占いは、いろいろな占い方ができる点も大きな特徴です。
なにも道具がなくても、また、身近な文具などを使っても占えるのです。

まずは、いちばんオーソドックスな、ペンと紙を使う占い方法をご紹介しましょう。


出典:Pixabay

【用意するもの】

紙とペン
紙は、ノートの端切れでも何でもかまいません。大きさはハガキ大以上くらいあればOK。
ペンは、ボールペンなど細いものよりも、フエルトペンなどの太目のものが使いやすいです。

まず占いたいことを決めます。実はここが結構大事なポイントなのです。何も考えずに占うと、結果もぼやけたものになってしまいます。
イエスノーでこたえられるような質問なら、答えもくっきりハッキリでます。

【よい質問の例】

今日、あの人からメッセージが来る?
合コンで、出会いがある?
今月中に恋人ができる?
今度のイベント、成功する?

ジオマンシーは、何年も先のことは占えません。
シンボルひとつで占えるのは、長くて3か月先までです。

占いたいことを決めたら、無心になって、ペンを手に持ちます。

1・紙にペンで、点々の列を「・・・・・・・・・・」と、数えないで好きなだけ描きます。
2・同様に、点々を4列描きます。
3・4列それぞれに、点々が偶数か奇数か調べます。点々をふたつずつ線で結んで最後がひとつなら奇数、ふたつなら偶数です。
4・偶数と奇数の4つの組み合わせでできたシンボルが、占いの答です。

(2が偶数で、1が奇数)「シンボル名」意味
2222「人々」人も物もたくさん
1111「道」自分の道を進む
2112「つながり」絆を深める
1221「拘束」孤独で動けない
2211「大吉」オールOK最強
1122「小吉」援助運良好
2121「獲得」手に入れる
1212「喪失」何かを手放す
1222「喜び」歌い踊り喜ぶ
2221「悲しみ」残念運
1211「少女」綺麗で可愛い
1121「少年」今は力不足
2212「白」清く正しく
2122「赤」ケンカ注意
2111「竜の頭」はじまるとき
1112「竜の尾」終わるとき

たとえば、今月中に恋人ができるかどうか占って、点々を打ち、上から、偶数・奇数・偶数・奇数だったら、2121「獲得」となります。
「獲得」の意味は、「手に入れる」なので、恋人はできるでしょう。

ペンで点々するだけのとても簡単な占い方法なのに、おどろくほど当たります。
無心になってペンで点々するとはつまり、ダウジングなどと同じく、自分自身の無意識にアクセスする最良の方法なのです。ペンジュラムなど特別な道具を使わなくても、ペンと紙で占うことができるのです。

ただし!
この方法ではどうしても占えない、という方もいます。無心で点々を打つことができず、数えてしまう、という場合です。

でも大丈夫!
そういう方には、さざれ石やダイス、コインなどを使う方法があります。

1200年前のアラビアで、土や砂で占っていたジオマンシーは、ヨーロッパに伝わってペンと羊皮紙で占うようになり、さらに、ダイスやさざれ石、そして現代ではアプリを使うなど、時代にあわせてどんどん進化していきました。

ペンと紙以外で、ジオマンシーを占う方法を次回、ご紹介しましょう。

占い師・作家:高橋桐矢