【手相】この線は開運線? それとも障害線?  

【手相】この線は開運線? それとも障害線?  

生命線から出る「開運線」は生命線を横切っても大丈夫? 

前回、生命線から上に昇る細かい線となる「開運線」の見方をお話しさせていただきました。(別記事「今年の成功予兆の開運線を見逃さないで!」参照)


出典:花岡正人

そして、生命線から上に昇っている開運線が長くなって、各指の下の方まで延びた場合は、別の線の意味になることも前回紹介しましたが、解釈としては、どれも開運線の一種として、それぞれの開運の意味が強くなると思って問題ないという見方でした。

人差し指の下に延びれば「向上線」

中指の下に延びれば「運命線」

薬指の下に延びれば「太陽線」

小指の下に延びれば「財運線」

しかし、生命線を横切るように昇っている線も開運線として観て良いのでしょうか?

生命線を横切る「障害線」として観るべきなのでしょうか?

■開運線になる場合と障害線になる場合の区別は難しい 

開運線は、生命線から細く短く(頭脳線を横切らない程度に)、上に昇る支線を指しますが、上図のように、生命線を横切った場合、障害線とするかどうかは、鑑定師により解釈が違ったり、熟練の区別が必要になります。

<障害線として観る生命線の横切り方>

印象として、明らかに生命線を寸断するように垂直に横切る線は障害線となることが多いので、ストレスでの胃腸への負担や、身体の疾患、ケガなどを暗示する生命エネルギーを遮る意味が強くなります。

しかし、各指の下に延びるような線が生命線を横切っている場合は、金星丘から延びている開運線の一種として、身内からの援助が受けられる兆候とする見方もあります。

もちろん、この線を障害線として観る場合もあり、熟練した鑑定師でないと区別できない場合がありますが、人差し指や中指の下に延びる線は、縦に昇るような見え方になる場合が多く、開運線の一種になりやすいです。

ところが、小指の下に延びるような線は生命線を寸断するような見え方になりやすく、頭脳線や感情線を横切ることにもなります。

掌紋医学では、上図の(A)のように生命線の上の方で、横切るように入る線は大病を暗示する障害線で、場合によっては、ガンや血管系の疾患を含む三大疾患の兆候を示唆することがあります。(もちろん、この線だけで判断はしませんし、可能性の一つにすぎません)


出典:無料素材画像 写真AC

 

<開運線と健康線の区別>

もう一つ観え方で難しいのは、健康線との区別です。

健康線は上図[2]のように小指の下の感情線下から生命線に向かって延びる線です。(別記事「健康線がないのですが、長生きできますか?」参照)

小指下の感情線から上の縦線は「財運線」という線になりますが、この財運線と健康線が繋がっている場合(上図[1])には、長い財運線と観る鑑定師と、長い健康線と観る鑑定師に分かれます。

掌紋医学では、全て健康線(非健康線)として判断します。

健康線は無い方が健康体ですので、薄くて短いほど健康状態は良い意味になります。

しかし、生命線から小指の下まで生命線から延びた場合、長い財運線として開運線の一種と観るか、健康線が長くなって生命線に達しているのかの区別が難しくなります(上図[3])。

やはり、熟練した鑑定師に観てもらうのが良いですが、私の経験では、健康線として、観えることが多く、生命線まで達すると、免疫力が落ちていることも示唆していて、身体に炎症が起きている可能性がありますので、健康管理に気遣っていただきたいサインとなります。

生命線を横切るとさらに、悪化している可能性を示し、胃腸や肝臓、肺、婦人科系、血液循環器系の疾患が無いように注意していただき、線が濃くなったり、乱れている健康線が横切る場合は、ガンや脳梗塞、心筋梗塞などのリスクも高くなりますので、生活習慣の見直しや症状が出ているようであれば、健診を行う事もお考えいただければと思います。

<合わせてみておきたい関連する記事> 

・・・・【手相】今年の成功予兆の開運線を見逃さないで! 

・・・・【手相】生命線が短いと短命ですか? 寿命と流年法 

・・・・【手相】「成功者相」は「大病しやす相」? 

・・・・【手相】手相は変わる! 良い運勢の手相に変える方法 

・・・・【手相】運勢が良くなる手相活用習慣、運動 

 

 

■生命線から下に落ちる線は、停滞相でない場合もある 

前回の、開運線の説明で、生命線から下に落ちるような線を「停滞相」としてお伝えしましたが、上図のように「月丘」の方向に太い線で延びる線は「旅行線」という見方になります(別記事「旅行線があると旅行で開運するの?」参照)

旅行線は、エネルギーの減退を示す停滞相ではないので、区別していただきたいですが、細かい線が枝分かれしたり、ヒゲのように細かい支線が何本か生命線の下の方に出ている場合は、停滞相となり、膝や腰、泌尿器、腎臓、生殖器系の弱りや減退を意味します。

ですが、今減退しているというより、将来、歳を重ねた時に減退しやすいという意味になりやすく、誰でも老化はして、体力は減退しますので、多少出ているくらいであれば、気にする必要はありません。

今回は、障害線となる開運線の可能性をお話したので、不安になってしまう方もいたかもしれません。

しかし、生命線から出る線は、今の身体の変化を教えてくれる指標にもなり、挑戦するべき前進の時と抑えるべき生活の見直しの時を教えてくれるサインになりますので、日頃からチェックしていくことをおススメします!

 

手相セラピスト:花岡正人