新年、心地よい生き方に変える! 幸運をつかむ人は「マイルール」を持っている

新年、心地よい生き方に変える!
幸運をつかむ人は「マイルール」を持っている

新しい年、新しい人生の始まり、今まで以上に心地よい生き方を目指してみませんか。心地よい生き方をしている人は、「マイルール」を持つ習慣があり、幸運をつかむ人生を送っています。
幸運をつかむ「マイルール」、スピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。


出典:無料素材画像 写真AC

「マイルール」自分だけのルールを決めるということ

日常生活の中で誰しも自分だけのルール「マイルール」を持っているのではないでしょうか。簡単なルールでいえば、靴を履くときは必ず右足から履く、毎朝6時に起きる、寝る前は読書をするなど、毎日の習慣になっていることもよくありますね。

では、なぜ「マイルール」を作るのでしょう。
「マイルール」にはゴールがあり、そのゴールを目指す過程をスムーズに進めることができるようにルールを作っているのです。
右足から履くことで一日気分がよく過ごせる、朝6時に起きることで家を出るまでの支度が余裕を持ってできる、寝る前の読書は、リラックスした時間を過ごしながら心地よい眠りにつくことができるなど、それぞれに小さなゴールがあるのです。
「マイルール」を決めるということは、考える時間や悩む時間、また不安になる時間を無くし、時間を有効に使うことができるということ。
つまり、時間を無駄に使わず自由な時間が増えるということなのです。

「マイルール」は、自ずとやってくる

「マイルール」を持つ人は、何が自分にとって心地よいことか、また、心から幸せだと思えることは何かを知っています。

世界的デザイナーの佐藤オオキさんは、仕事服の白シャツ・靴下・下着を毎日同じものと決めているとのこと。そうすることでコーディネートする時間を、アイディアを生み出す時間に使うことができます。
惜しまれながら引退した安室奈美恵さんは、いつでもぶれずにいたいという気持ちから、一度決めたことは必ず最後までやり通すということを、ずっと続けてきたそう。
また、ノーベル医学生理学賞を受賞した京都大学特別教授の本庶祐(ほんじょたすく)さんは、研究は自分が知りたいことを知ろうとできる非常に楽しい職業、研究のときは、自分は何が知りたいかをいつも意識しているとのこと。

心から幸せだと思えることは何か、心の声に耳を傾け、その答えを導き出すことは高みを目指すことにも繋がります。
その答えは、心地よい生き方へと変化させ、必要な「マイルール」は、自ずとやってくるのです。


出典:Pixabay

「マイルール」で幸運をつかむ

心地よい生き方は、楽しく続けられる、情熱を注げる、寝食を忘れて夢中になれるなどの感覚を持つことができます。
それは、自分だけの心地よさを求めたゴールと考えるかもしれませんが、その思いは誰かをも心地よく幸せにするということに繋がるのです。
なぜなら、人が発するエネルギーは、伝染する力を持っているからです。
例えば、講演やコンサートにいったとき、信頼できる人と会ったとき、心のこもった料理を食べたとき、とても前向きになり体も軽くなったと感じるときがありませんか。
それは、充実した時間の中にある相手からのエネルギーが伝わってきたから。
仕事、趣味、ライフスタイル、何でもいいのです。
自分が本当に心地よいという時間を持つ生き方を決めると、その思いは宇宙へ放たれ伝わります。

心地よい生き方を続けると、迷い、余分な感情や物質が必要なくなり人生がよりシンプルになっていきます。
やってきた「マイルール」は、その人生をサポートしてくれるのです。
さらに、謙虚さと感謝の気持ちを持つことで、自分が居るべき居場所へと導かれていきます。
そして、宇宙へと放たれた心地よいという感覚が、幸運という贈り物となり、与えられるべきベストなタイミングでやってきます。贈り物は、人との出会い、新たな発見、チャンスやインスピレーションなどがあります。

人に認められたい、自慢できる何かを得たいなど、他人軸で考えるのではなく、自分の心が心地よく幸せと感じる自分軸で考えることが、宇宙と繋がる大切な共通の「マイルール」。
宇宙との繋がりは、自分の居場所へと導かれる心地よさと幸運をつかむことの素晴らしさを体感させてくれるはずですよ。

 

スピリチュアルライフアドバイザー:KAORU