カラダによくて、とってもおいしい「COCOMO CURRY」のオガベジって何だ?

「COCOMO CURRY」は、長年オーガニック・ベジタリアンレストランを経営されているシェフの経験と知識をもとに産み出されたカレーを提供するフードトラック。

シェフがたどり着いた、旨味とコクを追求した国産有機野菜で作られたオーガニックでベジタリアンのカレー。略してオガベジ・カレーを提供されています。

photo by たっくんKT

 

  • 「COCOMO CURRY」考案、大平シェフがすごい

photo by たっくんKT

 

このウラスピNaviでも、以前

海外水準の高レベルベジ料理「オーガニック・ベジタリアンレストラン Lotus & Flower’s One(ロッツアンドフラワーズワン)」

でご紹介した、東高円寺にある「菜食を超えたコクとエネルギッシュな料理」をコンセプトとした「オーガニック・ベジタリアンレストランLotus &Flower’s One」のオーナーシェフ大平氏が、このフードトラックのメニューを監修しています。

繰り返しになってしまいますが、大平氏は自然派菜食レストランの店長時代以前に20ヵ国以上で料理修行をし、海外のベジ食のレベルの高さを肌で味わってきた人物。「美味しさ・驚きの菜食料理・安全」を信条としており、レストランにはお忍びで通う有名人もいらっしゃるとか。その豊かな経験で、素敵なメニューを産み出し続けている方なのです。

 

◆こちらをいただきました!

・ココモ アボカドカレー950円


photo by たっくんKT

 


photo by たっくんKT

先ずは券売機でチケットを購入します。

余談になりますが、ケータリングカーには珍しい券売機を採用したのは、お釣りの間違いをなくすことや手間のこともありますが、「お金を触った手で食品を扱って欲しくない」と言う声があり、採用したということです。色々考えていますねー。

 

アボカドカレーをお願いしました♪

ルーには細かくミンチ状になったソイ(大豆)ミートと玉ねぎがびっしり。

味付け、食感の違う様々な具がライスの上にトッピングされています。変化の感じられるカレーになっていて飽きさせません。

 

結構辛いと感じましたが、私自身辛さに弱い方なので、みなさんにはどう感じられるか? でもアボカドが、さっと辛さを消してくれて、おいしさだけを口の中に残してくれるファインプレーを連発してくれました。名バイプレイヤーです。

端の方にある緑のソースはパクチーでした。お好きな方は混ぜて楽しんでください。私はパクチー苦手、無理なのでこれに関してはレポートできません、ごめんなさい。

ギュッとおいしさを詰め込んだカレー弁当。アボカド好きとしては見逃せないカレーでした。量も充分。腹持ちもよくて、午後のお仕事も快適に進みましたよ。

 

  • 平日はオフィス街で、土日はイベント出店。ヘルシーでおいしく満足感たっぷりのランチを。


photo by たっくんKT

「オガベジ・カレー」のフードトラック。秋葉原駅近くでの出店の際に伺いましたが、秋葉原はこの日で最後とのこと。曜日によって大手町など、都内での販売をなさっています。

この緑の車と、大平シェフのイラストを見かけたら、一度試していただくことをおすすめします!

仕事の合間のランチタイムに、ショッピングの合間の腹ごしらえに一度お試しください。

 

【お店データ】

COCOMO CURRY

営業: 月木11:30~14:30、火水金11:30~13:30

場所: 丸の内、日本橋、御茶ノ水、東新橋など、出店場所は公式サイトでご確認ください

 

家庭菜園ベジタリアン:たっくんKT。