【辛口婚活相談】クリスマスなのに彼氏がいなくて寂しいです

《お悩み》
Aさん 31歳

 


出典:無料素材画像 写真AC

クリスマスまでに彼氏をつくろうと思って婚活をしていました。

女友達からのクリスマスパーティーの誘いを断り、婚活イベントに参加したり、合コンしたりしていたんです。

それなのに、彼氏ができなくて寂しい3連休を過ごしています。

お正月もバレンタインも、同じパターンになりそうで怖いです。

ご相談ありがとうございます。

クリスマスは彼氏と過ごそうと思って、本気で頑張ったのですね。

結果として彼氏ができなかったとしても、婚活としては一歩前進していると思います。

 

クリスマスに限らず、初詣、バレンタイン、お花見、花火大会、ハロウィンなどは、誰かと楽しみたいですよね。

だからこそ、「一緒に過ごせそうな人を確保しなければ」と思ってしまうもの。

 

20代の頃は女友達と過ごすのも楽しかったけれど、少しずつ立場や環境が変わってくるのがアラサーです。

「毎年、このメンバーで集まろう」と約束していたのに、気づいたら自分だけ取り残されている・・・・・・なんてこともあります。

 

だからこそ、Aさんのように覚悟を決めることが大事です。

 

ただ、これから先も彼氏ができず、イベントも楽しめなかったら、婚活をする気力もわかなくなっちゃいそうです。

 

そうならないための秘策をお教えしましょう!

 

ところで、クリスマスに寂しさを感じているのは、あなただけでしょうか?

「クリスマスまでに彼女が欲しい」と思って婚活していたけれど、できなかった男性もいるはずです。

 

なので、最近連絡をとっていない独身男子をチェックしましょう。

LINE、Facebook、Twitter、Instagramなどで、「寂しいクリスマスを過ごしている」といった投稿をしている人がいたらメッセージを送ります。

 

ただし、よくSNSを更新しているのにクリスマスの投稿をしていない場合は気をつけて。

彼女と過ごしている可能性大なので、メッセージを送るのは避けたほうがいいですね。

 

寂しいクリスマスを過ごしているかもしれない人には、「メリークリスマス!」のメッセージを送ります。

 

それがきっかけでやりとりが始まり、年末に飲み会をすることになるなど、新たな出会いの場が生まれるからです。

 

あけおめLINEがきっかけで初詣に行ったり、新年会と称した合コンを開いたり、バレンタインは「義理チョコをあげる」という名目で食事に行く・・・・・・というように、イベントは次につなげるきっかけとして活用できます。

 

知り合いの男性の友達に素敵な人がいるかもしれないですもんね!

ひとりぼっちのクリスマスを寂しがっている場合じゃないですよ。

今すぐスマートフォンを開いて!

 

《今日の教訓》
イベントは「後」が肝心! きっかけ作りとして活用しよう。