アメとムチを使い分けて、忙しい彼とクリスマスデートをする方法

・クリスマスデートがしたいなら、1年間の頑張りを振り返ろう!


出典:無料素材画像 写真AC

今まで努力してきたことを振り返ると、「こんなに頑張ってきたのだから、ちょっとくらい息抜きをしてもいいだろう」という気持ちが働きます。

これは、良いことをしたら、悪いことをしてバランスをとろうとする心理が働くためです。

こんな実験結果があります。
アスリートが何時間もトレーニングを頑張って達成感を得た後に、「今日は飲みに行ってもいい」と許可されます。
すると、いつもよりハメを外してバカ騒ぎをしたり、暴飲暴食をしたりしたのだそう!

これは、トレーニングを頑張った分のバランスをとろうとして、悪いこと(暴飲暴食)に走ってしまった例です。

・「すごく頑張ったんだね」・・・・・・悪魔のささやきでデートの約束ゲット!

 

まずは、彼にこの1年の仕事を具体的に思い出させます。
たとえば、「この1年で一番大変だった仕事は?」とか、「達成感があったのはどんなとき?」というように質問してみましょう。

彼が1年間を振り返って話しているときは、相づちを打ちながら耳を傾けるようにします。

そして彼が話し終わったら、「◯◯くん、すごく頑張ってきたんだね」とねぎらいの言葉をかけます。

「それだけのことをやり遂げたのだから、少しはゆっくりしてもいいんじゃない?」とささやけば、クリスマスデートに誘導しやすくなりますよ。
クリスマスデートがしたいけど、好きな人は仕事に追われている・・・・・・。

・年末まで走り抜けるための「ムチフレーズ」とは?

ですが、クリスマスデートをしたことで気が抜けてしまい、体調を崩したり、モチベーションが下がったりするのは困りものです。

あなたとデートをしたせいで調子がくるったと思われると、今後の付き合いに響いてきますよね・・・・・・。

なので、クリスマスデートの終わりが近づいてきたら、彼のやる気をONにする「ムチフレーズ」で締めましょう。

人間は、目標の達成が近づくほどやる気が出るものです。これを、「目標勾配(こうばい)仮説」といいます。

たとえば、マラソンでもう走れないと思っていても、ゴールが見えてきたらラストスパートをかけられるのが目標勾配仮説の力です。

この心理を利用して、「目標達成まであと少しだね。◯◯くんならできるよ!」というように励まします。

すると、「この人といるとリラックスもできるし、前向きな気持ちにもなれる」と彼は感じます。

こうしてアメとムチを使いわければ、彼にとってなくてはならない存在になれますよ。

美濃部由紀