昔ながらの中華そばをベジタリアンラーメンで! 浅草「与ろゐ屋」

 

 

「時折、年配のお客さま方に「なつかしい味がするね」「昔の中華そばを思い出したよ」と言われると何となくうれしくなってしまいます」と店主が語る通り、昔ながらの”らーめん”がいただける貴重なお店。
色々な工夫がこらされた○○系などがもてはやされて、価格も1杯1,000円を越えるのも当たり前になった時代に、昔ながらのイメージ通りの”これ食べたかった”と言えるらーめんが浅草でいただけました。

●”中華そば”の面影残る「与ろゐ屋」のらーめん


photo by たっくんKT

浅草生まれの浅草育ちの店主が、幼いころに大好きだったのは近所の日本そば屋「長生庵」で出される「中華そば」。数々のお店で修業されたのちに、生まれ育った浅草であのらーめんを自分なりに再現したいと、1991年にオープンしたのが「与ろゐ屋」です。
醤油らーめんの発祥は、1910年浅草の”来々軒”といわれているそうです。そしていまや国民食となった”らーめん”。
その原点は中国にあり、日本で大きな進化を遂げてきました。その中で「与ろゐ屋」のらーめんは、昔の中華そばをほうふつとさせる”原点”を味わえるらーめんなんです。

◆こちらをいただきました!

・ベジタブルラーメン 850円

photo by たっくんKT

昔ながらのラーメン。記憶の中にある中華そばを思い出させてくれる、純植物性の出汁でいただけるベジラーメンです。子供のころ食べたような素朴な醤油ラーメンです。
最近いろんなベジラーメンが食べられるようになりましたが、こういうラーメンを見ることが無くなりました。
味付け卵が乗っていますが、それ以外は植物性です。
さつまいもとネギとメンマとたっぷり麺で、ココロもカラダもまんぞくまんぞく。
食べた後に笑顔になれたラーメンでした!

●メディアでも「与ろゐ屋」は”推し”のお店


photo by たっくんKT

ラーメン通の高校生がラーメン屋を食べ歩くTVアニメ「ラーメン大好き小泉さん」でも、
「今日は『淺草名代ラーメン 与ろゐ屋』さん! 東京ラーメン発祥の地とも言われる浅草のラーメンを今に受け継ぐお店です。通常のラーメンだけでなく、「ざるラーメン」「梅しおラーメン」夜限定の「与ろゐ屋ブラック」まで全ておすすめ! 伝統の味を是非ご賞味あれ!」と取り上げられました。
ラーメン通が進める「与ろゐ屋」の味はもうお墨付きです。

●浅草を海外に伝える大きな力


photo by たっくんKT

ベジタブルラーメン、英語メニューに載っています。ムスリム表記のメニューにも載っています。主に観光で来てくれた外国人向けに生み出されたのでしょうね。
おかげさまで我々もヘルシーに、罪悪感なしに、ありがた~くいただけます。
汁なし麺もありますね。こちらもおいしそうでした。
浅草観光の際はぜひお試しください。

【お店データ】
与ろゐ屋

営業: 11:00~20:30 無休
住所: 東京都台東区浅草1-36-7
電話: 03-3845-4618
最寄駅:東京メトロ各線「浅草」駅 2分、つくばエクスプレス「浅草」駅 5分
地図:お店のサイトより

家庭菜園ベジタリアン:たっくんKT