寒い日は温かいものを。簡単ポタージュのススメ

ひんやりする季節


出典:無料素材画像 写真AC

日が落ちると随分肌寒くなりましたね。

寒くなると、恋しくなるのが温かい飲み物ですよね。ホットコーヒーやココア、紅茶など自分の気に入りの飲み物でホッと一息ついている人も少なくないのではないでしょうか? 温かい飲み物は手軽に飲めてよいですが、栄養バランスよく食事をとることも大切です。とはいえ、普段忙しいとなかなか手のこんだ料理をする時間はとれませんよね。今回は、温かくて手軽に飲めるポタージュ(スープ)を紹介します!

美味しいポタージュであたたかく

この時期、スーパーには様々な根菜類や葉物野菜が並びます。例えばかぼちゃ。この時期は比較的安価で購入することができますよね。かぼちゃはビタミンB群を多く含み、ビタミンCやカロテンも含まれています。食物繊維も多く含まれているので、便秘解消にもうってつけの食材です。そのカボチャのポタージュの作り方ですが、まずカボチャはできる限り小さめに切ります。鍋にバターをひき、薄切り玉ねぎを炒めます。玉ねぎの色が透き通ってきたら、かぼちゃを加え水をいれ柔らかくなるまで煮込みます。かぼちゃが柔らかくなったら牛乳とともにすべてミキサーにいれて、よく混ぜます。混ぜたものを小鍋にいれてすこし温めなおせば完成です。いろどりにパセリをふれば素敵ですね。このかぼちゃはじゃがいもやさつまいも、れんこんなど季節の野菜に変えることができますよ。ポタージュの他にオススメのスープといえば、やはりポトフでしょうか。残り野菜やベーコン、ウィンナーなどを一緒に煮込めばすぐにできます。すこし手の込んだスープをつくるならクラムチャウダー、ミネストローネなどがおすすめ。仕事に行く前にスープを多めにつくっておけば、仕事終わりにどれだけ疲れていてもあとは温めるだけで美味しく野菜たっぷりの夕食を食べることができます。特にミネストローネは、パスタなどを短く折って一緒に煮込むと炭水化物も一緒にとることができますよ。

寒くなってくると、体調を崩しがちになったり気分も落ち込んでしまったりする人が多いかと思いますが、温かい恰好をして温かい美味しいものを食べればだいたいのことはよくなります。わたしは特にその傾向が強く特になにもないのに「おや、なんだか調子が悪い……」となったときはだいたい『お腹が空いている』か『寒い』のどちらかなので、そういうときは暖かいものを食べたり飲んだりしています。「なにも憂うことなどないはずなのに、なんだか調子が悪いなあ」という人はきっとわたしと同じだと思うので、ぜひ試してみてください。

疲れたときはゆっくりすごして


出典:無料素材画像 写真AC

「なんだか体がしんどいなあ」という人こそ、体に優しいポタージュやスープなどを飲んでくださいね。悲しいときも疲れてしんどいときも温かいものを飲めば、だいたいのことはとりあえず横に置いておけます。今週も体に気をつけて過ごしましょう。

恋愛グルメライター:皐月八月