タブーな話題に気をつけて! 「心のパーソナルスペース」とは?

・話題選びに注意! 土足で入ってはいけない「心のスペース」とは?

パーソナルスペースは物理的な空間を表しますが、他人に入られたくない心理的な領域もあります。
それを、「パーソナルリスクスペース」といいます。
たとえば、家族(特に親)に対する批判、センスに関すること(センスが悪い、ダサいなど)、
体臭を指摘するといったことです。
ほかにも、身体的な特徴やその人が気にしていることは、触れないように気をつけましょう。

それから、まだ親しくない段階で立ち入ったことを聞いたりすると、
「デリカシーに欠ける人」という印象を与えてしまいます。
収入やお金の使い道、家族構成、どんな友達と付き合っているのかなどは、
相手が話すまで質問しないほうがいいでしょう。

・笑っていいの? 自虐ネタの対処法はコレだ!

コンプレックスは取り扱いに注意が必要です。
なぜなら、触れられたくない部分だからこそ、
「先に言っておこう!」という心理が働き、自虐的になってしまうことがあるからです。

ですから、「自虐ネタほど触れてはいけない」というのがモテる女子の鉄則!

たとえば彼が、「最近太って、顔がアンパンマンみたいになってきた」とか、
「最近、ハゲてきてさー」と言ったとします。

それに対して、「ほんとだー!」と一緒になって笑うのはNG。
または、「そんなことないよ!」とムキになって否定するのも聴き上手とはいえません。

正しいリアクションは、「えー、本当に?」とか、「えっ、そうかな!?」と驚いて見せることです。
こうすれば、「わたしはそう思っていませんよ」という意思表示になり、相手はホッとするのです。
そうやって自虐ネタをサラッと流せば、コンプレックスを刺激しなくて済みますよ。

恋愛心理カウンセラー:美濃部由紀