楽しくやろう! 家事は夫婦のコミュニケーション3選

料理は夫婦で時短


出典:ぱくたそ

料理は一人で作ればそれだけ時間がかかります。
ですが、夫婦で作れば作業を分担できるので、早く作ることができるのですよ。
あなたもしくは旦那さんが料理が苦手でも、簡単な作業を手伝えばいいでしょう。
野菜を切る、レンジで温めるなど、簡単だけど手間のかかることは料理が苦手なほうに、技術が必要なほうは料理上手が担当しつつ、お喋りをしながら作ればあっという間にできてしまいますよ。
キッチンは料理だけではなく、夫婦のコミュニケーションの場にもなるのです。
しかも、夫婦で作ればご飯もいつもよりも美味しく感じるでしょう。

掃除で競争?

一人で掃除をするよりも夫婦一緒に掃除をしたほうが、早く終わるだけではなく、競争をしてゲーム感覚で楽しめますよ。
たとえば、床拭きをどちらがすばやくできるか、汚れた場所をどちらかが早くきれいにできるか。
そんなふうに夫婦で競うことにより、掃除ではなくゲームとして楽しんでしまうことができるのです。
楽しんで掃除ができれば、あっという間に部屋はピカピカになっていくでしょう。
負けたほうは、肩もみをするなど罰ゲームをつければよりいっそう、熱が入りますよ。

洗濯物を干しながら買い物の相談


出典:ぱくたそ

洗濯物を夫婦で干すのも、コミュニケーションになる上に、買い物の相談もできます。
なぜなら、洗濯を干していると、ついつい洗った服に目がいくからです。
その時に、「そろそろ新しい服が欲しいなあ」とか、「タオルがもう少し欲しいね」とか、洗濯をして改めてわかることもあるはずです。
一人で干していると、そのようなことも口には出しませんが、夫婦でお喋りをしながら洗濯物を干すことで、服の話から買い物に行く予定が決まるかもしれません。
つまり、夫婦で洗濯物を干すということは、早く終わるだけではなく、コミュニケーションも取れて、買い物も行く約束ができて一石二鳥どころか三鳥もあるのです。
一人で黙々とこなすだけでは得られない時間を過ごすことができるでしょう。

恋愛夫婦ライター:佐藤楓