11月3日は文化の日! 文化の日にちなんで日本の文化に触れよう!

文化の日とは


出典:無料素材画像 写真AC

11月3日は文化の日で祝日でしたが、みなさんはどこかへ出かけましたか? 文化の日ってそもそも何の日? という方もいるのではないでしょうか。文化の日は明治天皇の誕生日とされていました。
さて、みなさんは日本文化に触れたことはありますか? 日本に住んでいるのだから、日本文化に触れているのは当たり前! そう思われる方は多いと思いますが、日本の伝統的な文化と言われると普段は触れられていない人がほとんどではないでしょうか。秋も深まり、紅葉の季節になります。彼と日本の伝統文化に身を包んでおでかけしてみるのはいかがでしょうか。

着物、意外とお安く着れるんです

「着つけ体験って高いんじゃないの?」いやいや実はそんなに高くないんです。お店と着る着物の種類によりますが、彼と二人のセットで一万円以下で体験できます。返却も次の日まで借りられたりするので、夜遅くまで着物姿で過ごすことができます。東京なら、例えば浅草などで彼氏と着物でデートするのがオススメ。浅草には東京都内最古の浅草寺があり、雷門で有名です。お土産にお守りを買って帰ると記憶にも残りますね。それに着物姿で浅草寺なんて、写真映えもしますよ。東京以外だと、やはり京都でしょうか。京都には文化財がたくさんあり、もちろん着つけ体験ができる場所もたくさんあります。これからの季節、紅葉がとても美しいので本当にオススメです。着物で観光して疲れたら、抹茶スイーツなどを楽しむのもいいですね。日本にはたくさんの文化材があります。例えば、歌舞伎。もちろん普段着で観ることもできますが、着物姿で観るのも素敵ですよ。

食べる日本の伝統文化


出典:無料素材画像 写真AC

日本の伝統文化ということで、ここまでは着物などを紹介してきましたが、せっかくなのでさっきすこし触れた『抹茶』のレシピを紹介したいと思います。抹茶スイーツなど、好きだからよく食べるという人いますよね。実は、子どもの頃わたしは抹茶が苦手で、「自分は永遠に抹茶は食べられないだろう」と思っていました。しかし、20歳も後半にさしかかって『抹茶』が平気になったのです。歳を重ねると味覚の変化が起こると聞いていましたが、それは本当だったんだと驚いている最近です。話を戻しますが、抹茶のお菓子をつくろうと思ったら、当たり前ですが抹茶粉を買わなければなりません。きれいな緑色をだそうと思ったら、きちんとした抹茶粉を用意したほうがいいですが、近くのスーパーにどうしても見当たらないという人は、抹茶ラテの粉末でも代用できます。
例えば、抹茶のガトーショコラなんてオススメです。普通のガトーショコラはブラックかミルクのチョコレートを使用しますが、抹茶のガトーショコラにはホワイトチョコを使用します。手軽につくれますから、ぜひつくってみてくださいね。

恋愛グルメライター:皐月八月