指先まで手を抜かない! デート前に使いたいハンドクリームの選び方は?

自分に合ったハンドクリームの選び方をご紹介!


出典:無料素材画像 写真AC

あなたの手の状態や、心に与える影響ごとに合うハンドクリームは違います。どれを選んでも同じではありません。
せっかくハンドクリームを使っていても合わないなぁと感じてしまうことのないよう、それぞれの特徴と効果を知っていきましょう。

〈よい香りでリラックスしたい〉

うるおいだけでなく、香りも重視したい場合は自分にとって心地よい香りのハンドクリームを選びましょう。
香水は香りがきつくて使えなくても、ハンドクリームならばさりげなく香らせることができますし、自分自身が良い気分でいられます。
λ リラックスしたい
λ さりげなく女性らしさをアピールしたい
といった時に選んで下さいね。
香りをメインとして、ほどよく保湿したい人におすすめです。

〈カサカサになった手に潤いを与えたい時は保湿成分重視〉

手荒れが酷い場合は、うるおいを与えることを最優先にしましょう。
ハンドクリームには
λ グリセリン
λ ヒアルロン酸
λ シアバター
という保湿成分が配合されています。
ベーシックなタイプなので、手にうるおいを与えたいのであればこれらの成分が配合されているハンドクリームを選べば問題ありません。

〈ゴワゴワの手を柔らかくしたい時は尿素配合〉

乾燥で肌がゴワゴワしている場合は、尿素が配合されているハンドクリームを選びましょう。
尿素は固くなった角質を柔らかくしてくれますので、ガサツく手を柔らかくしてくれます。
注意点は、刺激が強い事です。
皮膚を柔らかくすることで、かえって手荒れが進行してしまうことも……。
手全体に使用するのではなく気になる部分にだけ使うなど、他のハンドクリームと併用して使用することをおすすめします。
敏感肌や角質の薄いお子様などは使用を控え、大人もささくれやあかぎれがある場合には避けてくださいね。
柔らかくなった手ならば、彼と手をつなぐときも積極的になれますよ。
もちもちの手を握った彼をドキッとさせましょう!

〈ビタミン配合で血行を良くする〉

秋冬は指先の血行が悪くなり、そのせいで乾燥を引き起こしてしまうことも。
ビタミンが配合されているハンドクリームならば末端の血行を良くしてくれるので、うるおいを与えらえるだけでなく冷えも改善されます。

手荒れを防ぐコツはハンドクリームをマメに塗る&手を守る


出典:無料素材画像 写真AC

手荒れを防ぐためには、こまめにハンドクリームを塗る生活習慣を身に着けることが大切です。
自宅にいるときはもちろん、外出先でも使えるように持ち歩いてくださいね。
ハンドクリームを塗るだけではなく、家事をする時は手袋をするなど、手のうるおいを流さない工夫も大事!

デート前はもちろん、日常から気を遣って乾燥とは無縁のしっとりもちもちな手の女性でいましょう。

恋愛メイクライター:花梨