秋のオススメ野菜はコレ! ヘルシーレシピで彼の胃袋を掴め!

食欲の秋というけれど


出典:無料素材画像 写真AC

みなさん『野菜』食べてますか? 普段仕事が忙しいと帰宅時間が遅くなってしまい、なかなか野菜を食べる時間も機会もないという人もいるのではないでしょうか? 最近は手軽に食べられるカット野菜などが販売されていますが、生野菜をそのまま食べるのも味気ないですよね。
美容と健康のためになんとか野菜を食べたい人も野菜があまり好きではないという彼のためにも手軽に野菜をとれるレシピを今回は紹介します。

野菜嫌いな彼に食べてもらいたい!

野菜嫌いな人に野菜を食べてもらうには、まずは細かく切ってなにかに混ぜるというのが一番簡単です。例えば、ハンバーグに玉ねぎやニンジンなどを細かく切って混ぜてみましょう。ハンバーグを嫌いな人はあまりいないのではないでしょうか。そんなハンバーグに使うひき肉を使って野菜をたくさんとれるレシピといえば『ロールキャベツ』です。まずは、ハンバーグをつくる容量で肉だねをこねます。合いびき肉、玉ねぎ、にんじん、水気をとった豆腐(肉の半量)、冷凍のコーン、いんげん、茹でたキャベツの芯、ケチャップ、塩コショウなどを加えてよく混ぜ合わせます。(野菜はすべて細かく切ってくださいね)パン粉をいれてもいいのですが、ヘルシーにするのであればお麩をおろし金でおろしていれるのをオススメします。お麩は肉汁を吸ってくれるので、ジューシーに食べることができますよ。茹で上がったキャベツに肉だねを置き、中心にとけるチーズをいれます。それを肉だねでつつみキャベツで巻きます。鍋に水、コンソメ、トマト缶、ケチャップがはいったものに、巻き終わりを下にしてロールキャベツをいれていきます。このまま煮込んでもよいですが、しめじやまいたけ、えのきなども一緒に煮込むといいですよ。しばらく煮込んでお皿にロールキャベツをきのこと一緒に盛りつけ、パセリをふれば見た目もよく栄養もしっかりとれるロールキャベツのできあがりです。

今回のレシピに使った野菜はきのこ3種類含めて全部で8種類。これだけの野菜を1食で食べることができるのはとてもいいですよね。スープだけが残ったら、次の日はカレーにするのがオススメです。鍋に水、にんじん、玉ねぎ、じゃがいもをたして野菜が柔らかくなるまで煮込みます。そのあと、カレールーをいれてルーがとければ完成です。こうすれば簡単にトマトカレーを食べることができますよ。普通のカレーと比べて、すこし酸味が効いていてあっさりと食べることができます。

元気で美しく健康が一番


出典:無料素材画像 写真AC

野菜を食べてほしくてつくっても、口にはいらなければ意味がないですよね。苦手な野菜も形を変えて味つけを工夫するだけできちんと自分の栄養になってくれます。ぜひ、みなさんも、味つけなどに工夫して野菜をたくさん食べてくださいね。もちろん野菜だけではなく、バランスよく食事をすることが健康と美容への近道ですよ!

恋愛グルメライター:皐月八月