七五三に込められた思いと、晴れの日を迎える準備

紅葉が始まるこの季節、晴れの日の装いの家族を見かけるようになります。
子どもの成長を祝う七五三の時期ですね。
七五三の衣装や千歳飴、成長の節目には、様々な思いが込められ今も受け継がれています。
七五三の思いと、晴れの日を迎える準備についてスピリチュアルライフアドバイザーのKAORUがお伝えします。

七五三の始まり


出典:無料素材画像 写真AC

七五三は子どもの成長を祝う行事、三歳の男子女子、五歳の男子、七歳の女子が、11月15日に晴れ着を着て家族とともに神社をお参りします。
七五三は、江戸時代から始まった神事で、子どもの健康と無事成長することを願い行われてきました。
今のような医学が発達していない時代、子どもが成長することは、幸いとされていたのです。

なぜ、毎年11月15日に七五三が行われるようになったのでしょう。
五代将軍徳川綱吉が、子どもの髪置の儀式を行うため吉日を調べたところ、11月15日の鬼宿日が最良の日であったためといわれています。
最近では、11月15日に限らず、10〜11月の都合のよい日に行われ、今もその伝統は受け継がれています。

千歳飴や衣装に込められた思い


出典:無料素材画像 写真AC

千歳飴は、江戸時代の浅草、飴売りの七兵衛が売りはじめた「千年飴」が始まりといわれています。
千歳飴の千歳には、千年という意味があり、その細く長い形とともに、子どもが健康で元気に育ち、長生きができるようにという願いが込められています。
また、七五三の年齢ごとの衣装には、成長を祝う意味が込められています。
江戸時代、宮中で行われた神事に、今の七五三の衣装のルーツがありました。

【三歳 髪置き(かみおき)】
男子女子とも髪を伸ばし始める
(病気予防のため三歳まで頭を坊主にしていたため)
着物は帯を締めず被布(ひふ)をつけ動いても汚れないように着る

【五歳 袴着(はかまぎ)】
男子は少年に成長したことで袴を着るようになる

【七歳 帯解(おびとき)】
大人の仲間入りで着物の帯を締めるようになる

七五三の準備と便利アプリ

七五三では、三歳の女子は、肩あげした着物と被布を羽織ります。
三歳と五歳の男子は、紋つき羽織袴、七歳女子は、あげをした本裁ちの着物とかかえ帯でお参りします。
最近では、着物だけではなく洋装でも行われ、子どもが疲れることがないよう様子に合わせて準備ができ晴れの日を祝うことができますね。
着物は購入しなくとも、レンタルのサービスや写真撮影とセットになったものもあり、事前予約を早めにしておくことで希望の日にちや好みの服装を選ぶことができます。
また、お参り前の美容室やお参り後の親戚などを迎えての食事会の予約も、事前にしておくとスムーズに当日を過ごせますね。

最近では、子ども専門写真館のスタジオアリスが、成長記録アプリ「グロースナップ」の配信をはじめました。
スマートフォンで撮影した子どもや家族などの写真を、保存・印刷・加工してくれるというもの。
七五三のアルバム作りや記念写真のプレゼントにも使え、写真の整理や保存にも役立ちそうですね。

家族の装いの準備

母親の服装は、子どもの晴れの日にふさわしいフォーマルな装いがいいでしょう。
和服であれば、訪問着や色無地、江戸小紋、付下げなどで、控えめな色柄がおすすめです。
洋装であれば、ワンピースやセットアップスーツにアクセサリーを合わせるとフォーマルな装いになりますね。

家族揃っての場合の服装は、主役である子どもより控えめ、フォーマルな装いで統一すると家族写真も素敵に残すことができます。
そして、できれば子どもに服装を合わせ、子どもが和装の場合は親も和装、子どもが洋装の場合は親も洋装とするとバランスの良い装いとなります。

七五三を祝う日本人の心

日本の伝統として七五三が受け継がれるのは、心の中に子どもの健やかな成長への祈りや感謝の気持ちがあり、願わずにはいられないことを感じ取っているからなのかもしれません。
事前の準備を整え、素晴らしい晴れの日を迎え過ごすことは、家族の素敵な思い出をつくるだけではなく、心が満たされる幸せが、母親としての凛とした美しさに磨きをかけてくれることでしょう。
子どもと過ごす成長の節目、その祈りと感謝の心は、宇宙にこだまし子どもへと、そして家族へと返ってくるはずですよ。

スピリチュアルライフアドバイザー:KAORU