私がキラキラネームを“悲名”と名付けたわけ〜我が子への最初のプレゼントは“世間から祝福される”名前を〜

世間から笑われる“奇名・珍名”の類を、いつから“キラキラネーム”と持て囃すようになったのか


出典:無料素材画像 写真AC

“キラキラネーム”という言葉を、誰もが聞いたことがあるかと思います。流行のギャグに引っ掛けた、クスッと笑わせるような語呂合わせなど、私たち日本人の一般常識、一般通念から著しく逸脱した、いわゆる“奇名・珍名”といった類の名前です。2000年代に入り、ある乳幼児の母親向け育児雑誌でこの奇名・珍名を“キラキラネーム”と名づけたことから、世間に急速に浸透していったと言われています。最近では、夏の高校野球で先発のメンバーが読み上げられた際、選手の半数が“キラキラネーム”であったというニュースが話題を呼びました。恐らく今後もこういった事例は増え続けるでしょうが、人名の命名、改名を扱う姓名学者として、この風潮に対して、言葉として残しておきたいと思います。

キラキラネームとは“悲名”である〜大切にされない名前から、“悲鳴”が聴こえてくる〜

私が、姓名判断の占い師としてデビューして間もなく20年になります。この間、“キラキラネーム”に関しても、見解を求められる場面が何度もありました。私はその際、キラキラネームを“悲名”と命名しました。文字通り、その氏名から、“悲鳴”が聴こえてくるからです。
人間の氏名は、まさに“使命”であり、“音霊”(おとだま)という言葉もある通り、それ自体が尊い、神からの授かりものです。姓名判断において、良い画数、良い音霊、良い字霊(漢字の語源)で構成された名前はまさに“御守り”であり、事件や事故、病気から心身を強く護ってくれます。しかし一過性の流行り廃りや、他人から嘲笑されることを前提として命名されたキラキラネームは、まさに神様への冒涜であり、その名を背負った人物にも、大きな人生の困難を背負わせることになります。たとえば、キラキラネームを背負った子供は、その名前のせいで、学校でいじめに遭うかもしれません。また、自分の名前を名乗る度に、他人から笑われる場面も多いでしょう。就職活動では、たとえ希望の企業があっても、奇名・珍名であることを理由に、不採用となる確率も高まるかもしれません。そういった積み重ねで精神を病み、道を踏み外す可能性も高くなるでしょう。キラキラネームを背負った子が成功を収める確率は、普通の名前よりもグッと低くなる可能性が高いと言えます。

キラキラネームの跋扈(ばっこ)は日本人の教養力低下の証左〜誤った風潮の是正が急務〜


出典:無料素材画像 写真AC

かつて、“悪魔ちゃん騒動”という事件がありました。
生まれたばかりの我が子に“悪魔”という名前を両親が付け、市役所が受理せず係争となった事件です。
最終的には、子供に“阿駆(あく)”と、音だけ残して改名することで決着をみましたが、両親に最低限の常識と一般教養があれば、このような命名は考えられません。最愛の子供に“悪魔”と名づけたこの両親は、学生時代は非行に走り、お世辞にも教養が高いとは言えない人物だったようです。のちに両親は離婚、父親は薬物使用で逮捕されています。現代のキラキラネームブームの源流とも言える事件ですが、キラキラネーム(=悲名)の跋扈は、そのまま日本人の教養力の低下の証左と言えるかもしれません。キラキラネームを窓際で食い止める市役所の努力とともに、親となる人物の再教育が急務とも言えます。私は姓名学者として、日本人の将来を危惧せざるを得ません。
最近では、キラキラネームを苦にしていた子供が、自力で家庭裁判所に改名の申し立てを申請し、すぐに認められるケースが多くなりました。
※改名の申し立てについては、『【姓名判断】ここまでやれば完璧! 正式に戸籍名を変更する方法とは?』の記事をご参照ください。

この制度を活用して、キラキラネームという“悲名”を背負った子が、一日も早く穏やかな普通の良名を得て、正しく明るい人生を送ってくれることを、願ってやみません。

これからお子さんを持たれるご両親へ。

名前は、この世で親が我が子に与える、最初のプレゼントです。
どうぞ真剣に、愛を持って、考えてあげてください。

姓名学者・八田運命総合鑑定所主宰:八田靖彦