ギリシャ神話で有名!? ナルシスの効果効能をご紹介

神話の美少年を代表するもの


出典:無料画像素材写真AC
ナルシスは名前の通り、「ナルキッソス」が泉の水面に映った自分に恋をし、死んでしまった場所に生えた植物とされています。そのため、この水仙の花は「ナルシス」と呼ばれるようになったとか。ちなみに、この神話は「ナルシスト」の語源にもなっています。古代ギリシャや古代ローマでは、医療でこのオイルを使ったとされていて、「腫瘍(しゅよう)」の治療に効果を発揮したとか……。このオイルは、あまりアロマセラピーでは使用される場面は多くはありませんが、「香水」の原料等に使用されています。

 

効果効能は生き生きとした気持ちを授けてくれる!

このオイルは「鎮静」の効果があるとともに、生き生きとした気持ちを授けてくれるので、心の中に広がる「ストレス」や「ネガティブ」な感情を穏やかにしてくれると伝えられているのです。また、気持ちを高めて、「官能的」にしてくれる効果もあるとか。
他にも、鎮静の効果を持っているので、体に使うときには「喘息」などの呼吸器トラブルに効果を発揮してくれます。そして、「消化不良」を起こしているときや、「神経系の痛み」を感じた場合はこのオイルを使ってみると楽になるでしょう。

 


出典:無料画像素材写真AC

相性が良いのは香りの強いもの

このナルシスも香りは強いけれど、合わせる場合「ジャスミン」や「ネロリ」、「イランイラン」がオススメ。心をリラックスさせて、自分の中で、一番欲しいものが何かを見つけるための時間を作り出せるでしょう。そして、少し刺激が欲しいときには「クローブ」をあわせてみると、甘いだけでなくピリッとした香りを楽しめるのです。また、咳が出てしまった場合には、「フェンネル」とナルシスを合わせてあげると、症状が少しずつ収まるでしょう。そのため、もし困っているときは、このアロマを使ってみてください。気持ちも少しずつ楽になりますよ。

 

 

あまりアロマテラピーには使われないナルシスですが、その持っている力はとても強い
ものです。だからこそ、自分の生活の中に取り入れてみると、気持ちに少しずつゆとりが持てるようになります。また、気分転換のきっかけにもなるでしょう。

<出典・参考文献>
・『感じるハーブ あなたの心と身体を変える70の効能』(外山たち著)2005・EH春潮社
・『おうちで育てて、おいしく元気!キッチンハーブ』(小川恭弘監修)2015・学研パブリッシング
・『HERB BIBLE―人気ハーブの効能と使い方がよくわかる本』(アースプランツオーガニゼーション監修)2005・双葉社

占いコラムニスト:水守湊