【辛口婚活相談】わたし、「婚活うつ」かもしれません

《お悩み》
Oさん 34歳


出典:無料素材画像 写真AC

マッチングアプリや合コンなどで婚活をしていますが、うまくいきません。
同い年の友達や職場の後輩の結婚式が立て続けにあり、落ち込んでしまいます。
婚活が原因でうつ病になることもあると聞いて、まさにそんな状態なのかも・・・・・・と思っています。

ご相談ありがとうございます。

わたしも最近、20代女子の結婚式に出席したので、Oさんの気持ちはとてもよくわかります。
希望に満ちた表情でブーケを勝ち取ろうとする20代女子たちを遠くから見ていました。
「次はわたしが結婚する」と、ブーケに何度期待を込めたことか・・・・・・。

そんな風に考えていると、どんよりとした気分になってきますよね。
もし、落ち込みが何日も続いたり、体調が悪くなったりするようなら、早めに病院に行ってください。

婚活疲れや、婚活うつは今や社会現象です。
特に、不眠や胃痛、精神不安定などは、気力だけで回復するものではありません。
症状をやわらげるために薬を頼ることも時には必要です。

そして、ストレスを溜めないことも大事。
今のOさんは、他人と自分を比べてツラい気持ちになっているのではないでしょうか。
「早く結婚相手を見つけなければ!」と焦っていて、婚活を頑張っているのに良い出会いがないことに落胆しているのだと思います。

だけど、結婚相手はひとりで探すものではありません。
相手があなたを見つけてくれたり、周囲の人が紹介してくれたりすることもあるのです。

精神的に疲れているときは、ちょっと婚活から離れてみるといいですよ。
その代わり、好きなことをして目立ちましょう!

たとえば、仕事で人前に出る役に立候補するとか、同じ趣味を持つ人たちのコミュニティーを作るのもいいですね。
ファッションが好きなら、鮮やかな色や大胆なデザインを取り入れるのも◎。
SNSで発信するよりも、実際に人と会うようにしてくださいね。

すると、出会いの場に誘われることが増えたり、異性から話しかけられたりと、必死に頑張らなくても恋愛のチャンスがやってきます。

趣味や仕事が楽しくなれば、落ち込んでいた気分も回復してくるはず。
ただ取り組むのではなく、「目立つ」ということを意識してみて!

《今日の教訓》
男性に注目されるくらいに目立とう!


辛口婚活相談:婚活女史ユノ