秋の訪れを知らせてくれます! オスマンサスのアロマオイルの効能について

まずどんな歴史を持っているのか……


出典:無料画像素材写真AC

このギンモクセイは日本にあるキンモクセイの変種で、中国では「桂花(ケイファ)」、フレグラントオリーブとも呼ばれています。中国では、このギンモクセイの花を「月餅」にナッツ類と混ぜて食したりしています。また、お茶にすることもあるのだとか……。このオイルの天然モノは、とても高価な部類に入り、500グラムで大体3000ドルの値がつくといわれています。中国や台湾では昔から「愛とロマンスの象徴」とされていて、結婚するときにはギンモクセイの鉢植えを贈るという習慣があるのです。

効能は安心感を与えてくれる

この香りは、少しフルーティな香りと共に少しスパイスの利いた独特な香りをしています。そして、オスマンサスのアロマには心を落ち着かせてくれる効果があり、「リラックス」して体の緊張を解してくれるともいわれているのです。そのため、少しずつ心の中に安心感が広がっていき、穏やかな時間を過ごせるでしょう。また、リラックス効果の高さにより「安眠効果」も期待できますので、眠りが浅いと感じている人はこのアロマを手にしてみるのがオススメ。また、体の「冷え」も改善してくれるといわれていて、中国では幅広く使われているとか……


出典:無料画像素材写真AC

オススメの組み合わせはサイプレス!

オスマンサスのアロマは、基本的に「柑橘系」と相性が良く、「フローラル系」ともしっかりと組み合わさるので、効果によって混ぜ方を変えましょう。もし、気持ちをリラックスさせたいと思うのなら、「ラベンダー」や「オレンジ」と。気持ちを明るくしたいのなら、「レモン」や「ローズウッド」がオススメ。また、ダイエットのお供に香りをつけたいのなら、「サイプレス」や「グレープフルーツ」などと組み合わせてみてください。すると、気持ちが少しずつ前向きになり、意欲的に行動できるようになるでしょう。

自分の心の中に広がる不安な気持ちを少しずつでも明るくしてくれるオスマンサス。日本人にも馴染みのある香りだからこそ、身につけてみると、気持ちに余裕が持てるようになるでしょう。そして、一歩踏み出してみようという勇気を手に入れられるのです。

<出典・参考文献>

・『感じるハーブ あなたの心と身体を変える70の効能』(外山たち著)2005EH春潮社

・『おうちで育てて、おいしく元気!キッチンハーブ』(小川恭弘監修)2015・学研パブリッシング

・『HERB BIBLE人気ハーブの効能と使い方がよくわかる本』(アースプランツオーガニゼーション監修)2005・双葉社

占いコラムニスト:水守湊