【手相】「成功者相」は「大病しやす相」? 

■手相学でのあったら嬉しい線も掌紋医学では要注意の線

手相学では、指の下にある縦線は、濃くて太くて途切れや乱れがない線が1,2本あるとそれぞれの指や指の下の盛上がり(丘)の意味する運勢が良いことを意味しています。
ところが、掌紋医学として体質を観た時には、逆に大病に気を付けたい線となり、濃くて太くて深く刻まれているほどそのリスクは高くなります。
その意味は全く逆のように思われますが、持っている資質から観れば非常に密接した関係があります。


出典:花岡正人

その成り立ちと、繋がりを知って、今後の成功と健康について見直せるようにしていきましょう!

■それぞれの線の意味を知って運勢と健康の繋がりを知る

上図をご覧ください。
各指の下の縦線がはっきり出ている場合についての意味は以下のようになります。

<人差し指の縦線(向上線)>

◎手相学:努力家で行動力・積極性があり、成功しやすい向上心があります。
× 掌紋医学:胆のうや胃腸、呼吸器系に負担がかかり、炎症が起きやすい体質です。

<中指の縦線(運命線)>

◎手相学:意志の強さを表し、目標を貫く仕事運で成功しやすい内省的信念があります。
× 掌紋医学:心臓疾患や肺機能の低下となりやすい常に忙しい体質です。
(感情線より上にはっきりした運命線があると、心筋梗塞などの心疾患のリスクが高くなりますが、細くきれいに延びる運命線は身体の頑丈さを表します)

<薬指の縦線(太陽線)>

◎手相学:金運、名誉・名声など、人生の輝きとして、成功する人に出やすい線です。
(細かい線が多いと散財の線になってしまいます)
× 掌紋医学:血圧異常や血流の滞りなど血管系の不調が出やすい体質です。
(感情線を突き抜けると高血圧傾向で、長いほど心臓への負担が高まります)

<小指の縦線(財運線)>

◎手相学:社交性、商売運の良さを意味し、貯蓄の堅実さで財運もあります。
(細かい線が多いと散財や、口が災いの元の線になってしまいます)
× 掌紋医学:免疫力、代謝が弱く、呼吸器系、消化器系、肝機能などの弱りに繋がります。
(掌紋医学では、健康線の扱いとなります。)

また、感情線と頭脳線が一直線に繋がった線を「マスカケ線」(別記事参照)と言って、天下取り相とか、社長相などと言われる成功しやすい相としても知られますが(波乱万丈にもなりやすい)、この相も掌紋医学では、心臓疾患や遺伝性の病気となりやすい体質でもあり、上図の画像のように、運命線と、太陽線は血液循環器系に強く影響し、太陽線の横の盛り上り(丘)が盛上がって赤みがあると、生活習慣病(脂質異常症、高血圧、糖尿病)の前兆ともなり、将来的には心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高める見え方になるので、特に要注意となります。

<合わせてみておきたい関連する記事>
【手相】白馬の王子を夢見るのは悪いのか?(向上線)
・【手相】運勢が良くなる手相活用習慣、運動
・【手相財運線があればお金持ちになれるの?(太陽線・財運線)
・【手相】マスカケ線は徳川家康にもあった天下取り相?
・【手相】指の下の盛上がりがなくて平坦だけど大丈夫?

■疾患のリスクもあくまで体質。成功と健康を手に入れましょう!

元々、手相は「第二の脳」と言われる手の平の細かい神経に脳からの直接的に身体の異変をしわの変化として伝えている統計的な見え方で、医学的な見えかたから、その人の資質や性格が出やすく、その資質・体質での生活を続けると将来はこうなりやすいという予想としての恋愛運や仕事運、金運などの鑑定となる要素が多いのです。

そのため、本来は掌紋医学として、運命線や太陽線は血液循環器系に負担がかかりやすい人に出る線という現れ方で、血管系に負担がかかりやすい人は、常に気を張った責任感や真面目で、頑張り過ぎてしまうような、身体を酷使したりストレスを抱えやすい交感神経ばかりが働きやすい人で、そうゆう気質の人は、身体を壊しやすく、心臓疾患や生活習慣病にかかりやすい、という体質になりやすいですが、高いエネルギーで頑張り続けるので、仕事では成功しやすい人が多くなるので、成功相としての統計が出やすくなっています。

つまり、運命線や太陽線がくっきり出ている場合は、成功できるエネルギーの高さを持っていることを自覚して、意欲的に動く中で、しっかり休息や副交感神経を働かせる癒しや趣味を取り入れ、不摂生や食生活の乱れがないような生活を心掛ければ、成功と健康の両方を手に入れらる運勢にすることが出来ます。
逆に、それらの線が弱い人は、健康管理を持続させながら、もっと強い意志を持って向上心や野心を持てる意欲的行動にしていくと、健康な身体を伴ったきれいな運命線や太陽線が現れてきます。

あなたの、指の下の縦線は成功者の線ですか? 不摂生の印ですか?
今一度、生活を見直すきっかけとしていただければ幸いです。

手相セラピスト:花岡正人