秋桜の花言葉でなりたい自分に! 涼やかで美麗な初秋メイク

秋桜の色ごとに目元のおしゃれを楽しもう


出典:無料素材画像 写真AC

秋桜の色ごとに花言葉は変わってきます。なりたいイメージごとに使う色を変えて、秋らしく心から美しくなれるメイクをしましょう。

〈ピンクは乙女の純潔〉

秋桜のイメージで一番強いのは、淡いピンクの秋桜ではないでしょうか?
ピンクの秋桜の花言葉は「乙女の純潔」です。
「清楚な気持ちでいたい」
「新しいことにチャレンジしたい日」
といった日に使うことで、まっさらでフラットな心でいられます。
ピンクは恋愛運もアップしますし、可愛らしい印象にもなるので活用したいところですが、淡いピンクをどう扱ってよいか迷いってしまいますよね。
大人の品を表現しつつピンクを活用するには、合わせるカラーが大切です。
淡いピンクは上まぶた全体に乗せて、華やかさを表現。色味が出ない透明感のあるタイプを使うことで、派手過ぎない印象になります。二重幅には紫がかったピンクを入れて、深みのある秋らしい目元にしましょう。
下まぶたにはコスモスの葉のような淡いグリーンでラインを入れて、爽やかなアクセントをプラス。
純潔とは高貴で気高いものです。凛とした美しさを表現しましょう。

〈白で美麗に〉


出典:無料素材画像 写真AC

白い花びらが可憐で美しい秋桜の花言葉は「美麗」です。麗しい目元にするために、パール感のある白いアイシャドウを使いましょう。
上まぶた全体と下まぶたに白いアイシャドウを入れて、ぱっと明るい目元を演出。ベージュで上まぶたと下まぶたの目尻を繋げるようにくの字に入れると、白の美麗さを打ち消すことなく目力をアップさせられますよ。
ひと昔のギャルメイクにならないよう、透明感のあるアイテムを使用してくださいね。

〈赤で乙女の愛情・調和〉

紫がかった赤の秋桜の花言葉は、愛情や調和です。
「今日は温かな気持ちで人に接したい」
「みんなと仲良くしたい」
と思った日に取り入れましょう。
目元ではなくリップメイクに取り入れると吉で、深みのあるボルドーカラーなどが秋らしくておすすめです。
口元に色を置くので、目元や頬はカラーレスに。愛情や調和がテーマのメイクなので、眉を優しいアーチ形にしたり、アイラインを下げてタレ目にしたりするなど、トータルのバランスで柔らかい雰囲気を醸し出しましょう。一見キツイ印象に見られがちな濃いリップが、愛情深い印象になります。

秋っぽい深みもありつつ、まだまだ暑さが残る初秋にぴったりの秋桜メイクをご紹介しました。
花言葉の意味を取り入れながらメイクをすることで、マンネリしがちなメイクも新しい気持ちで楽しむことができますよ。

恋愛メイクライター:花梨