上弦の月は積極的に! 月の満ち欠けとアロマの関係とは?【ファースト・クォーター】

一歩を踏み出す勇気をくれる【クローブ】


出典:無料画像素材写真AC

クローブは、花や蕾の形から、ラテン語の「釘」という言葉が由来になります。茶色っぽくて、少し丸い形は釘のように見えるでしょう。このクローブは中世では「感染症」の予防などに使われていて、ヨーロッパでは昔、「金」と同じに扱われるほど高価なものだったのです。また、東洋では「丁子(ちょうじ)」の生薬として使われていたとか。このアロマの効果は、気持ちを明るく「高揚させてくれる」というもの。現状を変えるための「力」や「行動力」を与えてくれるでしょう。また、「記憶力」も高めてくれるといわれています。そのため、積極的に行動するため、背中を押してくれるのです。

マイナスに考えてしまう気持ちを変えてくれるかも【タイム】

古代シュメール人たちが、初めて使ったとされていて、それが今から3500年ほど前になります。調理などに使われる他、「ミイラ」の防腐剤としても使われていたといわれているのです。また、疫病の予防にも使用されるタイムは、周りの兵士たちの戦意を高めるためにも使われていたとか。このタイムは、気持ちをリフレッシュして、「活力」を心に呼び込んでくれるとされています。自分の中にある「引っ込み思案」な部分や、「自信の無さ」を支えてくれるのです。そして、士気を高め、前に進む力を与えてくれるでしょう。


出典:無料画像素材写真AC

ありのままに行動する大切さ【ユーカリ】

初めにユーカリを使い始めたのは、「アボリジニ」だといわれています。元々、感染症や熱冷ましとして使われていたとか。フランスでも発見され、そこからユーカリは「熱冷ましの木」として知られました。このアロマの特徴は「憂鬱さ」を心から取り除いてくれると言われていて、ありのままに行動する楽しさを感じているのです。そのため、周りの環境に縛られてしまいそうだと感じているのなら、ユーカリを嗅いでみましょう。「開放感」を与えてくれるかも。

自分の心を素直に解き放ち、ありのままで未来へと進んでいく力をこのアロマたちからもらえるでしょう。そして、この時期は自然と意欲的な気持ちが高まっていくので、自分の思うままに一歩を踏み出してみると、良い結果を得られる可能性が高いのです。

<出典・参考文献>

・『感じるハーブ あなたの心と身体を変える70の効能』(外山たち著)2005EH春潮社

・『おうちで育てて、おいしく元気!キッチンハーブ』(小川恭弘監修)2015・学研パブリッシング

・『HERB BIBLE人気ハーブの効能と使い方がよくわかる本』(アースプランツオーガニゼーション監修)2005・双葉社

占いコラムニスト:水守湊