人徳を高める事もできるかも!? 人間関係に良い影響を与えるストーン3選

人との絆を深めてくれる【ダイオプテーズ】


出典:無料画像素材写真AC

1785年、カザフスタンで取れたこの鉱石は、見つけたときにはとてもキレイな緑色を していました。そのため、始めは「エメラルド」と思われていたとか。しかし、成分を 調べてみると違う鉱物であると分かり、ギリシャ語で「光を通して見える」という意味の名前をつけられたと言われています。主に鉱物標本として展示されることが多く、宝石として流通するのはまれ。キレイな緑色から、癒しの波動が出ていて、その場の「調和」を尊重する気持ちを高めてくれます。そのため、自然と人間関係が円滑になるでしょう。

人とのつながりと共に自然との関わりも……
【デンドライト】

このデンドライトの語源は、ギリシャ語で「樹木」という意味であり、シダや樹木を中に閉じ込めたような文様が特徴で美しいと感じます。そして、密かに愛好家の多いストーンなのです。このパワーストーンが持っている効果とは、「浄化」と「癒やし」の力になります。古代ギリシャでは「豊穣」をもたらすお守りとして重宝され、現在ではストレスフルな心をやさしく癒やしてくれる効果があるとか。そのため、人と接するときにありのままの自分を見せられますし、家族や友人とのつながりを強くしてくれるのです。


出典:無料画像素材写真AC

持ち主の人徳を高めてくれる【チャロアイト】

幻想的な天使の羽のような模様がストーンにあるのが有名なこのストーン。世界三大
ヒーリングストーンの1つであり、自分の中にある「負の感情」を抑えてくれる効果を 持っています。そのため、精神的なデトックスもできるようになるでしょう。また、 「危機回避」のお守りとしても有効で、持ち主の人徳を高めてくれるとか。そのため、 周囲から信頼を得られるようになるといわれています。ですから、もし周りの人との関係を前に進めたいと思っているのなら、優しく背中を押してくれるかも。

周りの人と一緒にいたい。そして、人間関係を前に進めたいと思うのなら、自然と手元にこのストーンが舞い込んでくる可能性があります。また、その力で自分を支えてくれるでしょう。ですから、不安を感じる必要はないのです。

<出典・参考文献>
・『パワーストーン 宝石の伝説と魔法の力』(草野巧著)2005・新紀元社
・『パワーストーンの教科書』(結城モイラ著)2015・新星出版社

占いコラムニスト:水守湊