【十二支別花札占い】お月見で開運! 十二支別・十五夜の過ごし方

【十二支別花札占い】お月見で開運! 十二支別・十五夜の過ごし方


photo by うめざわみき

【子】

満月の晩は、考え過ぎると不安定な気持ちになりがちです。
⇒ 秋の七草のひとつであるすすきをお月様にお供えして、魔除けをしましょう。考え過ぎることなく、不安も和らぎますよ。

【丑】

どんな状況下でも自分を貫いてゆく力を、満月の満ちているパワーで増強させましょう。
⇒ お風呂にゆっくり浸かってデトックスしましょう。お塩や日本酒などお好みに合わせて入れてください。

【寅】

上がったり下がったり、なかなか落ち着かない運気を、常に高く落ち着かせていきましょう。
⇒ 月光を浴びて自身を浄化しましょう。パワーストーンも一緒に浄化しましょう。

【卯】

人とのお付き合いで気を使いすぎないように、お月様からパワーをもらいましょう。
⇒ お月様にまん丸のお団子をお供えして、その後、お月様のパワーを移したそのお団子をいただきましょう。

【辰】

朝の太陽のように、上り調子の今だからこそ!
⇒ 収穫された農産物をお月様にお供えして、豊穣豊作に感謝しましょう。同時に、今後の豊作を祈りましょう。

【巳】

落ち込むことは誰にでもあります。とことん反省したら、心のデックスをしましょう。
⇒ 具体的には、開放されたい・手放したい願い事を、まん丸お月様にお話しして聞いてもらいましょう。


出典:無料素材画像 写真AC

【午】

運気上昇中です。この流れを止めないように、お月様にお願いしましょう。
⇒ 満月水を作りましょう。きれいな水を一晩、お月様の光にあててください。できあがった満月水はパワフルです。お風呂に入れるなどして有効活用してください。

【未】

いただいたご縁は、たとえどんなに厳しいものでも意味があるのでしょう。
⇒ 月光を浴びながら瞑想しましょう。何事もまっすぐに見られるように、心のブレを自分の中心へと正しましょう。

【申】

ここらでちょっと一休み。遊びもあえてお休みしましょう。
⇒ お部屋の照明を落として、お月様の明るさを楽しんでください。日ごろお世話になっている文明の利器のありがたさも、感じられることでしょう。

【酉】

そこはツボではないようです。月光に照らしてもらってツボを探しましょう。
⇒ ヨガをしましょう。お月様の光の下で、呼吸に集中しましょう。
カンが冴えてきますよ。

【戌】

ひとりは楽しい。好きな人と一緒にいても、なお楽しいです。
⇒ お月見しながら、月光を浴びながら夕食を摂りましょう。食べられることに感謝・一緒に食べる人がいる事に感謝です。

【亥】

そっとひとりで物思いにふける事も時には大切です。
⇒ 虫たちの奏でる羽音を聞きながら、お月見しましょう。花鳥風月に親しみましょう。贅沢な時間はあなたを豊かにしてくれます。

十五夜お月さん、ごきげんさん
ばあやは おいとま とりました
~野口雨情~

是非、ご自分の干支を意識してみてください。
ありがとうございました。

花札鑑定師:うめざわみき