白い浴衣をシックに上品に!派手になり過ぎないおしゃれパワーストーン3選

たおやかな淑女のような石 パープルカルセドニー


出典:ぱくたそ
パープルカルセドニーは、淡紅藤(うすべにふじ)のように、ピンクに近い紫色の石。
まるで母親の眼差しのような「包容力」に似た輝きを放ち、持ち主だけでなく周りもその美しさに目を奪われるでしょう。この石を身に付ければ、気持ちは落ち着き、動作も自然と品よくゆったりとしたものになるかも。考えを解きほぐし、やるべきことを明確にしてくれるでしょう。また、相手を信頼し、見守るような愛し方や接し方を心がけるサポートをしてくれます。



新しい風を呼び込む愛の守護神 ペリステライト

透明な色ですが、光の当たり加減で青く輝くこの石は、『ペリステリズム効果』と呼ばれています。また、ハトの『のど羽』にある美しい青紫の輝きに似ていることから別名『ピジョンストーン』とも呼ばれているとか。この石には、内側から輝く美しさと若々しさを象徴し、『永遠に変わらない愛』や『穏やかな時間をもたらす』ともいわれています。
優しく浮かび上がる光で心の奥まで照らし、温かく深い癒しを与えれば、心身のバランスを整えてくれるでしょう。


出典:無料画像素材写真AC

心の叫びに応じてくれる石 ブルートパーズ

ブルートパーズの透き通った青色は、まるで夏の空を想像させます。
この石は知的に輝き、諦めず目標を達成する強い「精神力」を与えてくれるとか。また 愛情面でも、困難の多い恋愛を一途な心で、成就させる力を持っています。
もともとトパーズには、持ち主に『勇気』と『自信』を持たせ、博愛の精神を高める力があるとされてきました。『探し求める』力が強く、人生において必要としているものを 探し出すサポートをしてくれるといわれています。心に広がる不安を取り除き、しっかりと背中を押してくれる、頼もしいストーンといえるでしょう。



ピンクに近い薄紫と水色、そして透明だけど光の当たり具合で青い輝きを見せるこの  パワーストーンを組み合わせれば、自分を上品にみせることができるかも。お守りとしても効果があるストーンを身に付ければ、この先の未来をサポートしてくれるでしょう。

<出典・参考文献>
・『パワーストーン 宝石の伝説と魔法の力』(草野巧著)2005・新紀元社
・『パワーストーンの教科書』(結城モイラ著)2015・新星出版社

占いコラムニスト:水守湊