夏でもやっぱりピンクが好き! 爽やかな大人ピンクメイクの極意

夏のピンクの取り入れ方


ピンクの印象は春という方が多いでしょう。しかし、暑い夏でもピンクで可愛らしいメイクをしたいですよね。
大人っぽく涼やかなピンクメイクをするには、色選びが大切です。
ふんわりしたピンクよりも、青みがかっているフューシャピンクやローズピンクなどがおすすめです。秋になっても使える深みのあるスモーキーピンクも、大人の落ち着きのあるピンクです。
涼やかさや落ち着きを感じられる色にすると、夏のメイクに取り入れやすくなります。

アイシャドウは他の色と組み合わせて夏色に

ピンク×ブラウンでは春っぽい雰囲気からは抜け出せません。ピンクに夏色をプラスして、遊び心のある目元を作っていきましょう。

〈フューシャピンク×ブルーで爽やかに〉

夏らしいブルーも、ピンクと組み合わせることで柔らかさのあるメイクに。ブルーの強さを包み込み、ピンクの可愛さを控えめにしてくれるので、大人も取り入れやすいメイクです。
まずアイホール全体に、ラメ感やパール感のあるピンクのアイシャドウを乗せます。ハイライトカラーのような、色付きが控えめのアイシャドウを選びましょう。
そして、アイラインにはブルーを。こちらもラメ入りのアイテムを選ぶと夏らしいですよ。
下まぶたにもアイホールに乗せたカラーを入れると、遊び心のあるアイメイクに。
マスカラはブラウンで、柔らかい印象を崩さないようにすると良いでしょう。

〈スモーキーピンク×ゴールドでナチュラルに〉

アイホールにはシアーな輝きのゴールドを乗せます。スモーキーピンクは、上まぶたの目尻にのみのピンポイント使いで。目を伏せた時に見える程度でさりげない夏顔にしましょう。まぶたに溶け込むカラーなので、大人の色気を演出できます。
抜け感を作るためアイラインは入れず、ブラックのマスカラのみで目力を強調しましょう。

ピンクのリップ&チークは色味に気を付けて!


出典:無料素材画像 写真AC

アイシャドウではなくリップ&チークにピンクを取り入れたい場合も、色味選びが重要です。
おすすめのリップカラーは、いちごやさくらんぼのような赤みの強いピンク。夏だからこそ、ちょっと強めの色に挑戦してみましょう。唇全体に塗ると派手に見える場合は唇の内側にだけでぽんぽんと乗せます。じゅわっと果実が溢れるようなグラデーションリップにすると、可愛過ぎないリップメイクとなります。
チークにピンクを取り入れたい場合は、ラベンダーピンクやスモーキーピンクがおすすめです。涼しさや落ち着きある頬になりますよ。

年齢を重ねたり、夏になったりすると、つい避けてしまうピンクです。ですが「夏でも可愛くいたい、恋愛運もアップさせたい」といった方は、これらのテクニックでピンクを取り入れてください。大人らしく涼やかなピンクメイクで大人の夏メイクをしましょう。

恋愛メイクライター:花梨