パーキンソンの法則を取り入れて仕事を効率化させよう

締め切りを設定して仕事を終了させる


出典:無料素材画像 写真AC

パーキンソンの法則とは、英国の歴史学者かつ政治学者であるシリル・パーキンソンが提唱した法則です。この法則には第一法則と第二法則が存在しますが、「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」という第一法則がビジネス面で取り上げられることが多い法則です。
現代のビジネスマンの仕事への姿勢、時間の使用方法に影響を与える内容といえるでしょう。
仕事には締め切りが存在するものと、存在しないものがあります。最初から締め切りがある場合は、その日に合わせて間に合わせようと努力しますが、締め切りが存在しない場合は、どうなるか考えてみましょう。
締め切りが存在しないと、後回しにしてしまおうという心理が働き、実際、後回しにしてしまう危険性が高まってしまいます。そうならないように、パーキンソンの法則を実践し、明確な締め切りが設けられていない場合でも、自分で締め切りを設けて仕事を終わらせるようにしましょう。
ただ、この場合、締め切りの設定にコツがあります。締め切りを設定しても、やる気がない場合、逆効果となってしまいます。その仕事を完了させるために必要な本当の時間を予測し、その時間に合わせた締め切りを設けることが大切です。

複数の仕事を抱えている場合はリスト作成

仕事を行う場合、複数の仕事を抱えてしまうことがありますが、仕事全体に合わせた締め切りを設定してしまうと、ひとつひとつの仕事に掛けられる時間のリミットが曖昧になってしまう可能性があります。複数の仕事を抱えている場合、全体の締め切りだけではなく、それぞれの仕事に制限時間を設けておくことが大切でしょう。
自分が抱えている仕事の締め切りは意識下で管理可能と考えている方が多いと思われますが、仕事では状況変化が度々、変化します。そのため、パーキンソンの法則を応用することが求められます。
状況変化と比例して優先順位も変化してしまうため、やらなければならない仕事と、それぞれのタイムリミットを記入したリストを作っておくと利便性が高まります。優先順位が変動しても、このリストを見ながら、仕事量の配分を調整することが可能となります。

自己パフォーマンスを最大化させる法則


出典:無料素材画像 写真AC

締め切りが設定されると、時間制限を守るために焦燥感を覚え、仕事のクオリティが落ちてしまうと感じるかもしれませんが、そうではありません。焦燥感を覚えることはあっても、締め切りの存在によって、短時間に集中して仕事に打ち込むことが可能となるため、集中力、クオリティ及び効率が向上します。

パーキンソンの法則は時間を意識することで、自己パフォーマンスを最大化させる法則です。「いつまでに何をするか」という意識付けだけで、ビジネスシーンにおいて、自分が望む未来を手に入れることが可能となります。

心理学ライター:響孝二